スポンサーリンク

「楽隠居」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「楽隠居」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「楽隠居」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「楽隠居」とは?意味

官職や家業などから離れて、生活の苦労をすることなく静かに暮らすことです。

隠居とは、官職や家業などから離れて、ゆったり穏やかに暮らすことをいいます。

楽は、たのしむ、たやすいという意味を持つ漢字です。

こういったことから「楽隠居」とは、官職や家業などから離れて、ゆったり穏やかに楽しんで暮らすことという意味になります。

会社勤めをしている人は、定年を迎えると仕事から離れて、静かに暮らすことがあるでしょう。

しかし、このことを「楽隠居」とはいいません。

「楽隠居」の概要

重要な仕事をしていたり、家業を持っていたりすると、仕事をしている間は忙しく、心身共に負担になることでしょう。

人間は年をとります。

年をとると以前のようには仕事ができなくなり、仕事から離れる人が少なくありません。

そして、心穏やかに静かに暮らすのです。

そのさまを意味する言葉です。

呉服店を家業としている人のことで説明をします。

仮にこの人をAさんとします。

Aさんは一代で呉服店を築きました。

最初は小さな店でしたが、どうすればお客さんに喜んでもらえるだろう、どこから仕入れるといいだろうなど、いろいろと考えながら仕事をし、店を大きくしていきました。

今は70代をむかえようとしています。

呉服の説明をお客さんにすることが今の主な仕事なので、それほど体力は必要としませんが、やはり体力的につらいものがあり、そろそろ仕事はやめようかなと考えています。

この人には子どもがいて、呉服店の仕事を手伝っています。

この子どもに仕事を任せても大丈夫だろうとAさんは思っています。

そこで、自分は引退をして、子どもに仕事を任せることにしました。

呉服の知識はすべて子どもに伝えてあるので、何も心配することはありません。

自分は仕事から離れて、安心して過ごすことができます。

こうしてAさんは、仕事から離れて、静かに楽しく暮らす生活を送るようになりました。

このときのことが、この言葉が意味するものです。

仕事から離れていても、生活が慌ただしかったり、気持ちが乱れることが多々あったりするような場合は、この言葉が意味するものではありません。

「楽隠居」の言葉の使い方や使われ方

隠居をして楽しく暮らすという意味で使用をします。

隠居をしても楽しく暮らしていない場合は、この言葉は使用しません。

また、会社勤めの人が仕事を辞めて静かに暮らすことにも使用しません。

「楽隠居」の類語や言いかえ

「安楽」が似た意味を持つ言葉です。

生活に苦労をすることなく、楽しく過ごすという意味があります。

仕事から離れてという意味は含まれておらず、仕事をしながら楽しくすること、仕事を離れて楽しくすることも意味します。

まとめ

若いころはバリバリと働いていた人も、いずれ仕事から離れるときがきます。

家業などから離れて楽しく暮らすことが、この言葉が意味するものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典