スポンサーリンク

「概念フレームワーク」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「概念フレームワーク」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「概念フレームワーク」の意味を分かりやすく説明していきます。

会計にまつわる専門知識を身に付けていきましょう。

スポンサーリンク

「概念フレームワーク」とは?意味

「概念フレームワーク」とは、会計における基本的な概念をまとめたもの。

何のために財務報告をしなければいけないのか、その答えを分かりやすく示したものです。

概念フレームワークを作成する時には、必ずこの財務諸表が誰のために、何の目的で開示されるのかコンセプトを明確にします。

核となるコンセプトが明確になると、どの数字やどの情報を記載しなければいけないのか、ゴールがはっきりと見えてきます。

概念フレームワークがあるのは、企業と投資家の間の「見えない溝を」埋めるためです。

投資家が読むことを頭に入れて財務資料を作っていくと、おのずと書くべき内容も変わってきます。

過去にどのような仕事をおこない、未来にどのような仕事を作っていくのか。

現在と未来の財務状況をあらわしたものが、概念フレームワークになります。

「概念フレームワーク」の概要

「概念フレームワーク」という言葉がよく登場するのは、公認会計士の資格試験です。

公認会計士の資格には、短答式のテストと、論文型のテストがあります。

短答式のテストというのは、いわゆる正か誤かで答える一問一答式のテストのこと。

「概念フレームワーク」はこの短答式のテストで、よく問われる内容です。

最近では企業が投資家などに、広く情報を公開するディスクロージャーという手法が注目をあつめています。

この仕事を重点的に担っているのが、公認会計士や税理士です。

なぜ「概念フレームワーク」が大切なのか、その意義を丁寧に理解しておくと、勉強もしやすいです。

「概念フレームワーク」の言葉の使い方や使われ方

「概念フレームワーク」はこのように用います。

・『会計士の資格を取るために、概念フレームワークの参考書を購入した』
・『概念フレームワークを学んで、簿記の仕事がよく分かるようになった』
・『会社の研修で概念フレームワークの講座を受けた』
「概念フレームワーク」は会計士や税理士の資格だけではなく、簿記1級の試験にも出る内容です。

そのため資格取得の勉強や、企業研修のシーンなどで用いていきます。

「概念フレームワーク」の類語や言いかえ

「概念フレームワーク」の置きかえには、次のような言葉があります。

・企業会計の概念
・ディスクロージャー
・財務諸表
「概念フレームワーク」というのは、なぜ企業が情報を公開するのか、その概念をまとめた資料です。

会社が投資家に対して、情報公開をおこなうことを「ディスクロージャー」と呼んでいます。

ディスクロージャーをおこなうためには、財務諸表などの資料が必要になります。

まとめ

「概念フレームワーク」の意味と使い方をチェックしました。

「概念フレームワーク」とは、なぜ企業が財務状況を公開するのか、その目的や概念などをまとめた文書になります。

公認会計士や税理士、簿記の試験でよく問われる内容のため、しっかり頭に入れておくことがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典