「権利収入」と「権利的収入」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「権利収入」と「権利的収入」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「権利収入」「権利的収入」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「権利収入」とは?

「権利収入(けんりしゅうにゅう)」とは、「著作権・所有権・特許権などの特定の権利を持つことによって半ば自動的に得られる収入」を意味しています。

具体的な「権利収入」として、「不動産所有権に基づく家賃・株の所有権に基づく配当金や売却益・本や音楽の著作権に基づく印税・特許権に基づく使用料」などを挙げることができます。

「権利収入」は、その権利を持っていればほぼ確実に得られる収入なのです。

「権利的収入」とは?

「権利的収入(けんりてきしゅうにゅう)」とは、「収入を得られる権利は持っているが、売上・勧誘など一定の報酬支払い条件をクリアしないと得られない確率的な権利収入」を意味しています。

「権利的収入」とは、「家賃・配当金・著作権の印税などの権利収入と比べると、不確実性のある収入」のことなのです。

具体的な「権利的収入」として、売上が上がらなければ収入にならない「アフィリエイト・フランチャイズ・ネットワークビジネス(マルチビジネス)」などを挙げることができます。

「権利収入」と「権利的収入」の違い!

「権利収入」「権利的収入」の違いを、分かりやすく解説します。

「権利収入」「権利的収入」はどちらも「特定の権利に基づいて得ることができる収入」を意味していますが、「権利収入」とは「著作権・特許権・株や不動産の所有権などその権利を持っていれば、ほぼ確実に入ってくる収入」を意味しています。

「権利収入」に対して「権利的収入」のほうは、アフィリエイトやマルチビジネス、フランチャイズ契約を典型として、「一定の売上・会員勧誘を達成しなければ収入にならない恐れもあるという不確実で確率的な権利収入」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「権利収入」「権利的収入」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「権利収入」とは「著作権・不動産所有権・株所有権など特定の権利を活用することで自動的かつ確実に入ってくる収入」を意味していて、「権利的収入」「アフィリエイト・フランチャイズ・ネットワークビジネスなどの契約・権利を前提に、売上が上がった時にだけ得られる不確実性がある収入」を意味している違いがあります。

「権利収入」「権利的収入」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典