スポンサーリンク

「機を見るに敏」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「機を見るに敏」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「機を見るに敏」の意味を分かりやすく説明していきます。

「機を見るに敏」にはどのような意味があり、どのような使われ方をするでしょうか。

スポンサーリンク

「機を見るに敏」とは?意味

「機を見るに敏」「きをみるにびん」と読みます。

「機を見るに敏」「好都合な状況や時期を、素早くつかみ、的確に行動する様子」という意味があります。

自分にとって好都合だという場面は、そうそう訪れるわけではありません。

しかし、その瞬間をとらえてすぐに行動できる人がいて、そのような人は、「機を見るに敏」と呼ばれることになります。

「機を見るに敏」の概要

「機を見るに敏」には、「チャンスを逃さない人」「自分の勝機を見逃さない人」などという意味があります。

日常会話でも、ビジネスシーンでも使われる言葉になります。

例えば、会社経営をしている人がいるとき、自分の会社にとって不利な場面では動かず、有利だと感じるような場面では、思い切った行動を起こし、会社を大きくする場合があります。

このような人は「機を見るに敏な人」と言われて、経営者仲間から一目置かれるのではないでしょうか。

また、投資をしている友達がいるかもしれません。

普段は積極的に投資をしないのに、何かがきっかけで株価が上がりそうな場面になると、大きな勝負をして大儲けをするような人がいる場合は、「機を見るに敏」と言えるのではないでしょうか。

このように、チャンスを逃さない人を見た時、「機を見るに敏」という言葉を使うことができます。

「機を見るに敏」の言葉の使い方や使われ方

「機を見るに敏」には、自分にとって有利な状況であることを瞬時につかみ、行動を起こすことという意味があります。

そのため、チャンスを逃さずに、的確に行動している人を見た時、「機を見るに敏」という言葉を使うことができます。

例えば、サッカーの試合をしている時、相手チームが気を抜いた瞬間などを逃さずに、一気に攻めあがることができ、ゴールを決めることができる場合は、「機を見るに敏なチーム」と呼ぶことができます。

また、普段は役に立たないように見える社員が、重要な局面で見違えるような活躍をして、結果を出して出世を果たした場合は、「彼は実は昼行燈で、機を見るに敏な人だ」などと噂されるかもしれません。

「機を見るに敏」の類語や言いかえ

「機を見るに敏」の類語として、「機に乗じる(きにじょうじる)」があります。

「機に乗じる」には、「都合にいい状況や時期に、上手に行動すること」という意味があります。

例えば、戦国武将が、敵将が油断している場面で奇襲をかけて、勝利を収める場合は、「機に乗じて戦勝をもたらす」などという文章を作ることができます。

まとめ

「機を見るに敏」について見てきました。

チャンスを逃さない人を見たときに、「機を見るに敏」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

また、自分自身も、「機を見るに敏な人」になることを目指してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典