スポンサーリンク

「欠点」と「弱点」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「欠点」と「弱点」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段何気なく使用している言葉の中には、似た様な印象を受ける言葉も存在しています。

欠点と弱点という言葉もそういった、似た意味合いを持つイメージの言葉の組み合わせです。

友人や家族と会話する際には、特に意識せずに何となくで、この言葉を使い分けている人が少なくありません。

所が商談等の畏まった場で使用する際には正しく使い分ける必要があり、その使い分けに自信が持てないという人が多いです。

スポンサーリンク

「欠点」とは?

欠点とは、けってんという読み方をする言葉となっています。

主に足りない所や十分でない点を表す際に、用いられる事が多い言葉です。

具体的には漢字の組み合わせの仕方でも理解出来る様に、人や物の欠けている点、つまりは悪い所を指摘する際に積極的に用いる事が出来ます。

例えば、彼女の欠点は思いやりがない所だ、といった形で用いられたり、この車の欠点は燃費がイマイチな所だ、といった言い方でその人や物の駄目な所や改善すべき所を言い表す事が可能です。

他にも、この規則の欠点は幾つもの抜け道がある事だ、といった形で、決まり事や規則にも用いる事が出来ます。

ただし人に対して用いる際には、似た意味合いを持つ、短所という言葉が用いられる事が多いです。

「弱点」とは?

まず弱点とは、じゃくてんという読み方をする言葉となっています。

意味としては、物や人の十分ではない所や、漢字を見て分かる様に弱い点や部分を指摘する際に用いられる事が多い言葉です。

物理的な事だけでなく、立場を危うくする様な弱みや後ろめたい部分を表現する際にも、この弱点という言葉を用いる事が出来ます。

具体的には、あの野球チームの弱点は投手陣だ、といった形や、対立候補の弱点をついて選挙戦を有利に進める、といった使い方をする事が可能です。

更に最近では、あのゲームのラスボスの弱点は水属性の攻撃だ、といった形でゲームに対してこの言葉が使用されるケースも多く見られます。

つまりは何かしらの弱い部分や、欠点を表現する際に使われる言葉です。

「欠点」と「弱点」の違い

欠点は、欠けるという言葉がついている通りに、足りてない部分を言い表す時に積極的に用いられる言葉です。

つまりは人や物のウイークポイントやデメリットに焦点を当てたい時に、用いられる言葉となっています。

一方の弱点も、欠点という意味合いを含んでおり、同じ様にウィークポイントを表す言葉です。

ですが欠の代わりに、弱という言葉が用いられている事でも分かる様に、人や物といった対象の弱い部分を表す際に用いるのが基本となっています。

なので2つの言葉は、欠けている所に焦点を当てているか、弱い所に焦点を当てているかという違いがあるのです。

まとめ

欠点は、足りない部分や不十分で欠けている部分を指摘したい時に、用いられる言葉となっています。

一方の弱点の方も、同じ様にウィークポイントを表す言葉です。

ただしこの2つは漢字の組み合わせを見れば分かる様に、欠けている点に注目しているか、弱い点に注目しているかという部分で違いを見出す事が出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典