スポンサーリンク

「次元」と「時空」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「次元」と「時空」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

時間と空間に思いを馳せたとき、浮かんでくる言葉はいくつかあります。

この記事では、「次元」「時空」の違いを分かりやすく説明していきます。

その差を知って、物理学の知識を正しくつけていきましょう。

スポンサーリンク

「次元」とは?

次元(じげん)とは、空間のこと。

どこまで広がっているのか、正しく判断するための「ひとつの指標」になります。

次元と聞いて思い浮かべるのが「一次元」「二次元」そして「三次元」などの専門用語です。

どれも空間がどのくらい有るのか、しめしたもの。

一次元がひとつの空間なら、二次元はふたつの空間。

三次元はみっつの空間です。

一次元が一直線なら、二次元は縦と横。

三次元は縦と横、そして高さのことです。

ちなみに私たちが暮らしているのは、三次元の世界です。

次元には「レベル」という意味もあります。

「次元の違う可愛さ」だと、人並外れてキュートなこと。

また「異次元」は別世界という訳です。

「異次元の走りを見せるスポーツカー」「異次元のアスリート」として用います。

色々な世界観をあらわしたものが次元です。

「時空」とは?

時空(じくう)とは、時間と空間のこと。

天才学者・アインシュタインが発見した、物理学のひとつの考え方です。

時空とは「4次元」と表現されることもあります。

3次元は縦と横と高さですが、4次元は「3次元の概念に時間を加えたもの」として示されます。

つまり縦と横と高さ、そして時間を軸にしたものが「時空」です。

時空が解明されれば「タイムマシーンに乗って、過去や未来を行き来することができる」と言われています。

4次元はあると仮定されていますが、どうすれば4次元に行けるのかは詳しく分かっていません。

「時空」には、長い時間という意味もあります。

そのため「時空を超えて活躍するミュージシャン」だと、時代を超えて愛される音楽家という意味になります。

「次元」と「時空」の違い

どちらも科学や物理で用いられる言葉です。

「次元」「時空」の違いを、分かりやすく解説します。

・4次元の時空
「次元」「時空」は、どちらも空間をあらわす指標です。

この世の広がりを、軸で表現したものになります。

「次元」「時空」はどちらも区別をつけるのが難しいのですが、実は4次元と時空は同じもの。

なぜなら縦と横と高さ、そして時間を付け加えた4次元が時空だからです。

そのため「次元」という大きな枠組みの中に「時空」があると考えると、非常に分かりやすいです。

1次元、2次元、3次元、4次元と広がりをみせる次元。

そのうちの4次元が時空です。

まとめ

「次元」「時空」の違いを分かりやすくお伝えいたしました。

どちらも空間を表現した、物理学の用語です。

次元は空間がいくつあるか数えたもの。

1次元や2次元として、数えていきます。

それに対する「時空」は、時間と空間のこと。

3次元の概念に「時間」をプラスしたものが時空です。

時空と4次元は同じものになります。

科学の言葉を覚えて、学びの空間を広げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典