スポンサーリンク

「歓喜」と「感動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歓喜」と「感動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「歓喜」「感動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歓喜」とは?

「歓喜」とは、非常に喜ぶことや、心からの喜びを指す言葉です。

この「歓喜」と言う言葉は、『歓喜に満ち溢れた表情 』や『優勝した選手たちは、歓喜のあまり涙を流すした。』や『世紀の一戦に勝利して、小躍りして歓喜の声を上げた。』の様に使用され、まさに最大級の喜びを表す言葉として使われます。

「歓喜」に似た言葉として「狂喜」と言う言葉がありますが、こちらは狂うほど喜ぶ様で「歓喜」よりもさらに強い喜びを表現する言葉です。

2「感動」. とは?

「感動」. とは、ある物事に深い影響を受け、強く心を動かされることを指す言葉です。

すなわち、漢字の意味する通り、深く感じて心を動かされる事を指すと言えます。

「感動」の使用例としては、『名作映画を見て深く感動した。』や『あのドラマの主人公が最後に発した言葉に強く感動した。』等が上げられます。

また「感動」に似た言葉として「感銘」というのがあります。

この「感銘」「感動」以上に忘れられないほど強く感じて、心が動かされる場合に使われる言葉です。

「歓喜」と「感動」の違い

「歓喜」とは、非常に喜ぶことや、心からの喜びを指す言葉であり、それに対して「感動」. とは、ある物事に深い影響を受け、強く心を動かされることを指す言葉で、意味は違う言葉です。

しかし、その言葉を使う時の人間の内面心理と、その表現と言う視点で考えると、「歓喜」の状態でも、強く「感動」している事には違いないと言えます。

例えば先に例示した『優勝した選手たちは、歓喜のあまり涙を流すした。』において、選手たちは優勝した事に大きな「感動」を受けています。

そしてその表現として涙ながらに喜びを爆発させ、「歓喜」しているのです。

すなわち、「歓喜」している選手たちの心の内面には、必ず「感動」があるのです。

それに対して「感動」した場合には、必ずしもその反応として「歓喜」するとは限らず、その感情や表現には複数あると言えるのです。

整理すれば、深く感じて、心動かされる場合に、「歓喜」はその感情と反応が喜びだけであるのに対し、「感動」には複数の感情と反応がある点に違いがあると言えます。

まとめ

「歓喜」とは、非常に喜ぶことや、心からの喜びを指す言葉であり、それに対して「感動」. とは、ある物事に深い影響を受け、強く心を動かされることを指す言葉で、意味は少し違う言葉です。

しかし「歓喜」も強く心動かされると言う内面の感情では「感動」と同じです。

「歓喜」はその内面感情の反応・表現が喜びだけであるに対し、「感動」の場合には、その反応・表現が複数あると言う点が違っていると言えるのです。

いわゆる「感動」した場面で、喜びを爆発させるような感情表現をする場合にのみ、「歓喜」を使い、その他の感情表現・反応の場合には、単に「感動」 を使えば間違いないと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典