スポンサーリンク

「正直」と「誠実」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正直」と「誠実」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正直」「誠実」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つは一見すると同じような意味に見えてきますが、明確な違いがありますので、是非とも理解して適切に利用してください。

スポンサーリンク

「正直」とは?

最初に「正直」の意味をご説明致します。

「正直」の意味としては、基本的に嘘や偽り等がないことや、そのような人物を意味しております。

是非とも把握して、参考にしてください。

「誠実」とは?

次は「誠実」の意味を解説していきます。

「誠実」の意味は、基本的に自分の腹を肥やすという考えや思惑は一切ないことが前提となります。

そして、対象になる物事や人に対して、心から良い結果になるようにすることやそのような人を意味しております。

参考になれば幸いです。

「正直」と「誠実」の違い

ここでは「正直」「誠実」の違いを解説します。

「正直」「誠実」の違いは、上で解説しました意味を当てはめていってください。

すると自然に「正直」「誠実」の違いが見えてきて、使い方までが分かってきます。

前者は嘘や偽り等がないものやそのような人を意味しています。

後者は、自分の事はさておき、対象になる人や物事に対して心から尽くして良い結果になるようにすることや、そのような人を指しております。

以上が「正直」「誠実」の違いとなります。

「正直」と「誠実」の使い方の違い

次は「正直」「誠実」の使い方の違いを見ていきましょう。

上の意味を踏まえると、使い方はこのようになります。

前者は、「正直な人なのでこちらも誠心誠意をもって対応をしたいと思い~」という使い方が分かりやすいでしょう。

そして、後者の方は「彼の誠実な人柄は社内の皆から尊敬されており~」という使い方がイメージしやすいはずです。

参考にしてください。

「正直」を使った例文

この項目にて「正直」を使った例文を書いていきます。

・『いつも正直な人なのでこちらも信頼している』
・『彼は不正等がない正直な人柄です』
・『あまりにも正直過ぎて、損をしている人もいるようだ』
・『正直なのは良いことだ』
・『小さい子度は正直である』
以上が「正直」を使った例文になりますので、是非とも上手に使いこなしてみてください。

「誠実」を使った例文

次は「誠実」を使った例文を書きます。

・『彼の誠実な人柄は社内で高評価を得ている』 ・『誠実な人柄を見習おうと思いました』
・『世の中は誠実な人をもっと評価するべきだ』
・『女性は誠実な人と結婚をしたいと言っている』
・『誠実な人は信用があるので、仕事が来やすいようだ』
以上が「誠実」を使った例文です。

参考にしてください。

「まとめ」

まとめとして、「正直」とは嘘や偽りなどがない人柄を指す時に使うことが多いのです。

後者の「誠実」というのは、自分の利益や得等は考えずに、対象となる人や物事に真正面から対処してくれる人やものを意味しているのです。

是非ともこの2つの言葉を理解して、上手に利用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典