「歴史は繰り返す」とは?!解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「歴史は繰り返す」とは?

「歴史は繰り返す」とは、過去に起こったことは、巡り巡ってまたやってくるという意味で使います。

クルティウス・ルフスというローマの歴史家が唱えた言葉だと言われており、違う時代になっても似たようなことは起きるという意味で使われました。

その意味は、戦争が終焉して平和な時代になったとしても、また何かのいざこざから再び同じことが起きるだろうと言いたかったのだと推測されています。

「歴史は繰り返す」の読み方

「歴史は繰り返す」は、「れきしはくりかえす」と読んでください。

この表現が適当だと思われる出来事に対して、現在でもよく使われる言葉です。

「歴史は繰り返す」の概要

本来であれば、この言葉は先の戦争のような大きな出来事に対して使うものですが、今ではちょっとしたことにでも使われており、そのような使い方も特に誤用ではありません。

例として、よく似た2つの商品があって間違えて購入してしまい、後日また同じことをやってしまったといった場合に、その話の際に「歴史は繰り返すとは言ったもので~」などと使うといった具合です。

もちろん元の意味での使い方としては、少し景気がよくなったと思った途端に不況に陥ってしまうという現象が繰り返し起きているようなことに対して使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典