スポンサーリンク

「歴然とした差」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歴然とした差」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「歴然とした差」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歴然とした差」とは?意味

はっきりとしている違いという意味です。

状態・性質・程度などについていいます。

歴然には、間違えようもないほどはっきりしているという意味があります。

差とは、ある物とある物との違いです。

状態・性質・程度などの違いを意味しています。

こういったことから、「歴然とした差」とは、間違えようもないほどはっきりしている違いという意味になります。

「歴然とした差」の概要

明らかに違いがあるだろうとわかる事柄があります。

たとえば、ボクシングです。

防衛戦でチャンピオンと挑戦者が戦いました。

挑戦者にもいろいろといて、チャンピオンと互角に戦える人もいれば、そうでない人もいます。

そうでない人の場合、力の差がはっきりとしています。

パンチのキレ、防御の仕方などに、明らかな違いがみられます。

誰が見ても明らかに違うだろうとわかるようなものは「歴然の差」といえます。

プロボクシングでは、ファイトマネーがかけられます。

ファイトマネーとは、選手に与えられる試合への報酬のことです。

ある選手は1億円、別の選手は10億円だったとします。

両者の間には10倍の違いがあります。

これは、はっきりとした差といえるでしょう。

この場合は、ファイトマネーに「歴然とした差」があるといえます。

スポーツカーと一般的な乗用車には違いがあります。

たとえば、座席に座ったときの目線の高さ、乗車人数、加速などです。

乗ってみるとはっきりと違うことがわかります。

これは、スポーツカーと乗用車の「歴然とした違い」ということができます。

「歴然とした差」の言葉の使い方や使われ方

はっきりとした違いを指して使用する言葉です。

性質・状態・程度などについていいます。

違いはあるけれど、はっきりしていない場合には使用しません。

テストの点数のことで考えてみます。

ある人は70点をとりました。

別のある人は80点をとりました。

両者の間には10点の差があります。

しかし、まぎれもなくはっきりしているほどの差ではありません。

これが0点と100点だったら、まぎれもない差といえるでしょう。

しかし、70点と80点のようなまぎれもない差といえず、このよう場合には「歴然とした差」は使用しません。

評価基準があいまいな場合にも、使用しません。

たとえば、容姿についてです。

美しい、かっこいいなどの基準は人それぞれです。

何が美しく、何がかっこいいのかをはっきり定義することは難しく、はっきりしないことには使用しません。

「歴然とした差」の類語や言いかえ

「明らかな違い」が似たような意味の言葉です。

はっきりしている違いという意味です。

明らかには、はっきりしていて疑いようがないという意味があります。

まとめ

間違えようもないくらいの違いを指す言葉です。

車の乗り心地、スポーツの試合、国と国の状況など、さまざまな事柄に使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典