スポンサーリンク

「死亡フラグ」とは?意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「死亡フラグ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「死亡フラグ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「死亡フラグ」の意味

話の流れから、この先「死ぬであろう」と思われる伏線、エピソード

「死亡フラグ」の解説

「死亡フラグ」「フラグ」とは旗という意味で、目印といった解釈になります。

物語などにおいてこの先に死ぬことが予測がつく言動、状況となる場面が「死亡フラグ」となるわけです。

「死亡フラグ」の使われ方

例えば、登場人物がこっそり咳き込み血を吐くといったシーンなどは「病気をしている」「この先長くないのではないか」と想像がつきます。

このような時に「死亡フラグが立った」「血を吐いたシーン、あれって死亡フラグだよね」という風に使います。

他に典型的な「死亡フラグ」とされているのが、戦争もので「戦争が終わったら結婚しよう」「戦地で恋人のことを他の戦友に話す」「戦争中に妊娠する」などがあります。

大抵、戦争で命を落とし悲劇的な流れになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典