スポンサーリンク

「死角になる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「死角になる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「死角になる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「死角になる」とは?意味

「死角」はある角度からはどうしても見えない範囲や身近にありながら、気がつかない事柄を指す言葉で、銃を撃つ際に射程距離なものの構造物などに遮られるなどで撃つことが出来ないことも「死角」と言います。

「死角になる」は対象物によって見えない範囲が出来てしまうことや、別の事柄によって気が付かなくなってしまうことをさします。

「カーブミラーでは形状と反射の限界から死角になる部分がある」などの使い方があり、車であれば死角となるピラー(窓ガラスとの柱の部分)を細くするなどの工夫で視界を良くするというケースもあります。

大型のトラックでは車体が大きく運転席が高い位置にあるものの窓がそう大きいわけではないため死角になる部分が多いということが出来ます。

「死角になる」の概要

「死角になる」という言葉は実際の視界を遮る意味での死角、身近にありながら気が付かないことという気付きにおける死角ともに基本的に対処・改善すべき対象となっています。

特に自動車・道路における死角は交通事故につながるものなので重視される部分でもあります。

死角がないという言葉は「死角がない」にとどまらず欠点がないという意味にまで進むということから、死角も欠点としてみるケースもあるといえるでしょう。

なお、死角ではなく、死角になるという言葉は毎日死角になっているケースを指さず、草が伸びている時は死角になる、草を刈れば死角にはならないなどのような条件によって死角になることを指し、飛び出した別の車が死角になったというケースもありえます。

言葉としてはネガティブなものと言えるでしょう。

「死角になる」の言葉の使い方や使われ方

「新しく設置された自動販売機が死角になる」「車高の高い車は車体周辺の地面に近い箇所が死角になる」「死角になる障害物」「新しい政権の死角になる」などの使い方が見られますが、自動車に関する「死角になる」という言葉の使用例が非常に多くなっており、自動車の構造や道路の構造などで死角が多数できてしまい、その死角への対処法を紹介しているケースも多く見られます。

ついで店内の死角になるというケースが見られ、防犯対策と火災時の安全な避難のため死角をなくすことが重要と言えます。

「死角」の類語や言いかえ

死角の見えない範囲を抽出した意味で危険度に訴える力はやや弱い言葉の「見えなくなる」どちらかと言うと身近にありながら、気がつかない事柄を指すケースで使う「盲点になる」「見過ごしてしまう」などが言い換えの言葉と言えますが、「死角」ほど力強さのある言葉はありません。

まとめ

死角になるという言葉は何らかの理由で視界を遮られるということで、最も重大な死角の問題となる車であれば車体の構造でも死角になるため、死角のない車というものはカメラと画面によるフォローが必要とされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典