「殆ど」とは?意味や類語!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「殆ど」とは?

「殆ど」という言葉を知っているでしょうか。

「殆ど知らない」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「殆ど」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「殆ど」という言葉の意味を紹介します。

「殆ど」の読み方

「殆ど」「ほとんど」と読みます。

少し読み方が難しいため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「殆ど」「ほとんど」と読みましょう。

「殆ど」の意味

「殆ど」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「殆ど」には、「すべてといっていいくらい」「大部分」「大多数」という意味があります。

「殆ど知らない」という時は、その物事のすべてといっていいほど知らないという意味になります。

このように、「殆ど」という言葉には、「すべてといっていいくらい」「大部分」「大多数」という意味があります。

「殆ど」を使った例文や短文など

続いて「殆ど」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「殆ど」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「殆ど」を使った例文1

「『殆ど』の生徒が、恋愛禁止に反対する」

この例文は、恋愛禁止というルールを学校が掲げたら、生徒の大多数が反対したという文章になります。

「生徒の大多数」という言葉を「殆どの生徒」と言い換えられます。

恋愛したい盛りの高校時代に、このようなルールを決められてしまえば、反発する生徒が大多数なのも仕方ないでしょう。

「殆ど」を使った例文2

「大食いに挑戦し『殆ど』食べ終えた段階で、残り時間5分を切った」

この例文は、ラーメンなどの大食いに挑戦した人についての文章になります。

大部分の料理を食べ終えたものの、残り5分を切ったため、大食い挑戦が成功するかどうか、微妙になっています。

このように「大部分」「殆ど」という言葉に言い換えられます。

「殆ど」の類語や類義語・言い換え

最後に「殆ど」の類語や類似表現を紹介します。

「殆ど」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「大方」【おおかた】

「大方」には「物事の半分以上、ほとんど全部に近い量や程度」という意味があります。

「仕事が大方終わった」という時は、仕事がほとんど終わったという意味になります。

「大部分」【だいぶぶん】

「大部分」には、「全体のほとんどの部分のこと」という意味があります。

「映画の大部分を見終えた」という時は、映画全体のほとんどの部分を見え終えたという意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典