スポンサーリンク

「殺菌」と「滅菌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「殺菌」と「滅菌」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年では時勢的に衛生管理に気を配り、自分や周囲を清潔に保つよう苦心している人も多いでしょう。

そのために空気中を漂い物に付着している菌の対策をしますが、衛生関係の話で出てくる「殺菌」「滅菌」の違いが解らず困る人は多いものです。

この記事では、「殺菌」「滅菌」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「殺菌」とは?

「殺菌」とは細菌を狙って死滅させる事を指します。

空気中には目に見えない細菌が無数に存在していますが、その種類も非常に多いです。

そう言った細菌を、水に流すなどで他所へと移動させるのではなく、細菌が苦手として死んでしまうような、細菌にとっての毒となる物を使うことで死滅させて、清潔にすることが「殺菌」になります。

「殺菌」はどれだけの種類の菌を、どれだけ減らすのかに関係なく「殺菌」です。

特定の病原菌だけを狙い撃ちにして、煮沸消毒や薬品散布等の徹底的にありとあらゆる対策をすることも「殺菌」と言います。

ですが物に付着する様々な細菌に効く薬品を噴霧するだけ、消毒用アルコールを手に塗り拡げるだけの簡単な行為でも「殺菌」「殺菌」です。

「滅菌」とは?

「滅菌」とはその文字通り、空気中にいたり物に付着している細菌やウイルスを、限りなく0にするべく死滅させる事を指します。

そのために様々な種類の菌やウイルスに有効な、複数の対策手段を講じて、徹底的に「殺菌」していくことが「滅菌」です。

特に病院などの医療施設では、他の患者の治療に使った道具に残っていた菌から他の患者に感染してしまう恐れがあるので、あらゆる物を徹底的に「滅菌」しています。

逆に医療現場以外では、「滅菌」を続けるには大きなコストと手間がかかるので、「滅菌」まですることは多くありません。

「殺菌」と「滅菌」の違い

「殺菌」「滅菌」はどちらも空気中や物の表面にいる細菌やウイルスと言った微生物を死滅させることですが、どれくらい念入りに死滅させるかが大きな違いと言えるでしょう。

「殺菌」も細菌等を死滅させることだけを指す言葉ですが、具体的にどれくらい死滅させるかは定義されていません。

それに対して「滅菌」は可能な限り細菌を死滅させることであり、微生物を「滅菌」前の状態と比べて100万分の1以下にしてようやく「滅菌」と言うことができます。

「殺菌」も有害な微生物への対策としては強力な部類を指す行為ではありますが、「滅菌」はそれ以上であり、細菌やウイルスと言った微生物への対策としては、最も徹底的であり最も強力な微生物対策が「滅菌」です。

まとめ

「殺菌」は細菌やウイルスに有効な薬品や石鹸などで菌を死滅させて清潔に保つことですが、「滅菌」は非常に徹底的な「殺菌」、文字通り菌類を全滅させることだと覚えておきましょう。

ただし正しい準備と空気中の微生物への知識がないと「滅菌」はやろうとしてもできるものではないので、通常は丁寧な「殺菌」で十分です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典