スポンサーリンク

「比較厨」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「比較厨」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「比較厨」の意味を分かりやすく説明していきます。

知らないネット語を、ひとつずつ覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「比較厨」とは?意味

比較厨(ひかくちゅう)とは、あれこれ比較する人のこと。

専門家ぶって「こっちは良いけど、こっちはダメだよ」と判定する人をあらわします。

自分のことは棚にあげて、批判的なコメントばかりしているので嫌われています。

そもそも「比較厨」という言葉は「比較する厨房」のこと。

厨房というと、一般的にはコックさんのいる調理場をあらわします。

ところがネットの厨房は料理とは、まったく関係がありません。

この場合の「厨房」とは「特定の分野で悪さをする厄介者」のこと。

迷惑ユーチューバーのように、わざと人の気を引くような問題発言をする人、トラブルメーカーを指しています。

自分のお気に入りは持ち上げるけれども、嫌いな物はとことん落とすのが「比較厨」の特徴です。

「比較厨」の概要

「比較厨」というのは、アイドルファンの間で生まれた言葉です。

推しの評価を上げたいがために、嫌いなアイドルの欠点をわざと言います。

自分の好きなアイドルを優位に立たせたいために、わざと周囲の悪口を言うのが「比較厨」のポイントです。

「比較厨」によって負の発言がつづくと、落とされた方のファンは非常に嫌な気分になります。

そのため比較厨が登場すると、掲示板が荒れてしまい、すさんだ空気になっていきます。

比較厨が生まれてしまう背景には、その人自身の自信のなさや劣等感も含まれています。

自分に恵まれた所がないと思っているからこそ、無意識のうちにランキングを付けて、周囲より勝ったような気分になっているのです。

比較厨を見かけたら、かわいそうな人、残念な人と諦めるのが一番です。

卑屈な気持ちがあるからこそ、がんばって強がって生きているのです。

「比較厨」の言葉の使い方や使われ方

「比較厨」はこのように用います。

・『先輩ってカラオケの選曲にうるさいよね。比較厨みたい』
・『掲示板を久しぶりに見たら、比較厨がウジャジウジャいて驚いた』
・『比較厨の兄に、アニメの話をされた。興味がないから疲れた』
比較厨とは、勝ち負けや優劣を付けたがる人のこと。

そのため悪口を言いたいシーンで用います。

ランク付けが癖になっている人を、批判する言葉です。

「比較厨」の類語や言いかえ

「比較厨」と同じような言葉に、次のフレーズがあります。

・評価厨
・厨二病
評価厨というのは、何でも点数をつけたがる人のこと。

「厨二病」「中二病」をもじった言葉です。

大人なのに幼い人、思春期のように自己愛に満ちている人を指します。

こちらも、あまり良い意味では使われていません。

まとめ

「比較厨」の意味と使い方をおさらいしました。

「比較厨」とはアニメのキャラやアイドルの比較をしたがる人のこと。

比べたがり屋です。

お気に入りはひいきするけれど、嫌いな物はとことん落とすので嫌われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典