「気分がいい」と「気持ちがいい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気分がいい」と「気持ちがいい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気分がいい」「気持ちがいい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気分がいい」とは?

「気分がいい」とは、その時々の心、体の生理的な状態が「良い」といった意味になります。

「褒められたので気分がいい」と言えば、心の状態が良いことで、「薬が効いたのか、昨日より気分がいい」は体の生理的な状態が良いということになります。

「気持ちがいい」とは?

「気持ちがいい」とは、物事に接した時の感じ方、心の中の思い、体の感覚が「良い」という意味になります。

「笑顔で挨拶されると気持ちがいい」「肩をもんでもらって気持ちがいい」「風通しが良い部屋で気持ちがいい」などと、使います。

「気分がいい」と「気持ちがいい」の違い!

「気分がいい」「気持ちがいい」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらを選んでも、それほど大きく意味が変わることはありませんが、微妙な違いを理解しておきましょう。

「気分がいい」とはその時々の心や気持ち、体の状態が「良い」という意味になります。

一方「気持ちがいい」とは、何か物事に接した時に生まれる感じ方、思い、体の状態が「良い」という意味です。

「気分」「気持ち」は同義語として使えますので「気分がいい」「気持ちがいい」も基本的に意味合いは同じということになりますが、微妙なニュアンスの違いを理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「気分がいい」「気持ちがいい」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、ふさわしい方を選び使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典