スポンサーリンク

「気圧される」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気圧される」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気圧される」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気圧される」とは?意味

「気圧される」とは、相手の気迫や迫力、圧力と言った強い勢いによって圧倒され、心負けしてしまう様子を指す言葉です。

「気圧される」の概要

「気圧される」とは、「けおされる」と読みます。

日常生活であまり耳馴染みがない言葉ではありますが、決して「きあつされる」ではない事に注意してください。

相手の気迫や迫力を表している「気」という漢字に、圧力や迫力に押し負けてしまうという「圧される」という2語で成り立っています。

「気圧される」はその漢字が意味する通り、物理的や身体的な攻撃に圧倒されるという意味ではなく、相手の気迫や勢いと言った気持ちの部分で圧倒されるという言い回しです。

「気圧される」の言葉の使い方や使われ方

「気圧される」という言葉が使用される場面は、相手の強い勢いに圧倒されて、自分の心がそれに打ち勝つことができず、恐怖する事で、圧倒されて心が折れてしまうような状況に陥った時の状況を表しています。

そのような場面は誰しもが経験した事があるのではないでしょうか。

例えば、何かを大人数の前で発表する際に、その集まった人数の多さに緊張し、威圧されているかのような錯覚を感じてしまう事で、思うように発表できなかったり、失敗してしまったりした経験は無いでしょうか。

これがまさに「気圧される」という状態で、観客は故意に圧力をかけているわけではありませんが、舞台に立つ側にとっては観客の神通の多さや、極度の緊張によって追い詰められていたり、圧力をかけられているような気持ちに錯覚してしまいます。

その結果、心が折れてしまい、思うように発表できなかったり、失敗してしまったりと言った事が起こってしまいます。

「気圧される」事を防ぐには、緊張に負けないように自分の心を強く持つ事が重要です。

もちろん、故意に他者に対して言動での圧力をかけて、相手を圧倒する事によって、自分の意見を優位に進めたり、自分の思い通りになるように仕向ける事についても「気圧される」と表されます。

ただしこの時、肉体的な攻撃を伴って圧倒する事については「気圧される」と言えませんので注意する必要があります。

「気圧される」を使った例文

・『大柄で低い声の彼の言葉には、いつも気圧される』
・『彼女の凄まじい怒りは、男の私でさえも気圧される程の勢いであった』
・『私の飼っている犬は気が弱いため、他の犬の威嚇にすぐ気圧されて私の影に隠れてしまう』

まとめ

「気圧される」とは、相手の圧力や勢いに圧倒されてしまうという意味を持った言葉ですが、物理的や肉体的に圧倒するという意味ではなく、あくまで気持ちや精神的な部分で相手に心負けしてしまっている状態を指す言葉となります。

日常生活であまり使われる言葉ではありませんが、意味を知れば「気圧される」と感じた経験は誰もがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典