スポンサーリンク

「気持ちが入り混じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気持ちが入り混じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気ブログの記事を読んでいると、つかみどころのない表現が出てきて戸惑うこともあります。

この記事では、「気持ちが入り混じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

曖昧な表現を、今すぐ学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「気持ちが入り混じる」とは?意味

「気持ちが入り混じる」とは、ひと言では言い表せないくらい、色々な感情がこみ上げてくること。

悲喜こもごも、複雑に混じり合っていることです。

私たちの心の中には「喜怒哀楽」色々なパーツがあります。

喜びたいときもあれば、怒りたくなるときもあります。

そして喜びたいけれども何かの理由が頭をよぎって、素直にバンザイできないこともあります。

また大泣きしたいけれども、プライドが邪魔をして泣くに泣けないこともあります。

このように、色々な感情がまじり合って、自分でも説明がつかないことを「気持ちが入り混じる」といっています。

私たちの心が、そう単純ではないことを教えてくれる重要な表現です。

「気持ちが入り混じる」の概要

「気持ちが入り混じる」「期待と不安が入り混じる」から生まれたものです。

「期待と不安が入り混じる」とは「楽しい気持ちと怖い気持ち」が同時にやって来ること。

うれしい気持ちが半分、不安な気持ちも半分はいった感情のことです。

この言葉を省略したものが「気持ちが入り混じる」

ひと言では言い表せない感情が交錯している様子をあらわします。

「気持ちが入り混じる」というと、ネガティブな表現のように聞こえます。

けれども客観的にとらえると、決してそうとは言い切れないもの。

一度に複数の感情を抱えることは、人間として当たり前の行いだからです。

「気持ちが入り混じる」というのは、逆をいえば「バランスの良い、物の見方ができている」証拠。

物事の細かい部分までよく熟慮しているからこそ、こうした感情を抱くことができるのです。

「気持ちが入り混じる」の言葉の使い方や使われ方

「気持ちが入り混じる」はこのように用いていきます。

・色々な気持ちが入り混じるなか、ヨーロッパに出発した。

・彼は悲しみや怒りなど、複雑な気持ちが入り混じった面持ちをしていた。

・素直に会いたい気持ちと、会いたくない気持ちが入り混じっている。

「気持ちが入り混じる」は2つ以上の感情で、揺れ動くありさまを伝える表現です。

そのため白黒つけにくい状況で用いることが多いです。

「気持ちが入り混じる」の類語や言いかえ

「気持ちが入り混じる」の似た表現には、次のようなフレーズもあります。

・期待と不安が入り混じる
・悲喜こもごも
・笑いあり涙あり
「悲喜こもごも」とは、悲しい気持ちと喜ばしい気持ちが、次々にやって来ることです。

「笑いあり涙あり」はドラマチックな生き方を伝える表現です。

まとめ

「気持ちが入り混じる」の意味や使い方をチェックしました。

「気持ちが入り混じる」とは、2つ以上の感情が複雑に混ざっていること。

嬉しい気持ちと不安な気持ち、プラスとマイナスの気持ちが込められた場合に用います。

前向きな人生を送る糧として、この言葉をおさえていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典