スポンサーリンク

「気配を消す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気配を消す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事では、気配を消すの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

気配を消すとは?意味

気配を消すとは、相手がいる前から静かに目立たずに気配を消していくその様を意味しています。

自分でも気配を感じられなくなるほど息を静かに吐き、吸い、足音を立てずひっそりと目立たないよう行動するという意味合いもあります。

気配を消すの概要

自分の全身から出す気(エネルギー)を消し、相手にその存在を感じさせなくすることを気配と言います。

気配を消すときは無になることが大事です。

何も考えず、周囲を気にすることなく何も感じないようにすることで自分の気配を消せます。

気配を消すときは、訓練を積むことで、人前でも自分から出る波動を消し、そこにいないようにできるのです。

日頃から気配を消す練習していれば、いきなり会いたくない上司とすれ違うときにも気配を消し、自分がその場所に存在しないようにできるわけです。

そして、話したくないと思う上司から声をかけられずに済み、その場から静かに去れます。

すぐに気配を消す方法としては、腹式呼吸にすることで息を静かに吸ったり、吐けるようになります。

腹式呼吸にすると静かな呼吸ができます。

もしも嫌な相手や危険な生き物が近くに来たときは息を止めることで気配を消し、相手が気づかずに通り過ぎてくれるでしょう。

気配を消すの言葉の使い方や使われ方

ビジネスシーンでは、職場で嫌な社員や上司から話しかけられたくないときディスクに向かって仕事して、上司を気にしないようにするとき「うまく気配を消して声をかけられないようにする」と使います。

気持ち悪いなと感じる異性と目が合わないように、少し離れた場所から腹式呼吸に切り替えて、目線を下に落としながら横切るときにも気配を消し、横を通り過ぎることで声をかけられないでしょう。

また、その場の空気を読んで、自分がいては気が散って話が進まないなと思ったときも「気配を消します」と伝えて、姿をサッと消すときも使える言葉です。

気配を消すを使った例文

・『私の特技は瞬時に気配を消すことです』
・『自分の気配を消せる社員は職場でかわいがられる』
・『熊と出会ったら静かに気配を消しましょう』
自分の特技にもなる人前ですぐに気配を消すことの面白さです。

なかなかできるようでできないことでもありますので、瞬時に気配を消してみれば、人から尊敬される人になれるでしょう。

また、職場では、いきなり相手が訪れたときに自分がいないように存在を消せる社員はその場の空気が読めると上司から信頼され、かわいがられる人になるのです。

危険な熊と遭遇したときは静かに気配を消してその場から立ち去れば、熊に気づかれずうまく逃げられるわけです。

まとめ

自分の気をサッと瞬時に消し、相手から見つかりたくないときに使える気配を消すは、無になり、腹式呼吸することがうまく気配を消すポイントです。

うまく気配を消している人は近寄りがたく、話しかけにくいのでよく芸能人が使っています。

気配を消すことで危険なことに巻き込まれず、いやな目にあうこともなくなりますので、普段から相手の動きを見て、いつ、どのタイミングで気配を消せばいいか特訓してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典