スポンサーリンク

「水性塗料」と「油性塗料」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「水性塗料」と「油性塗料」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「水性塗料」「油性塗料」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「水性塗料」とは?

「水性塗料(すいせいとりょう)」とは、「水を溶剤として使っている塗装時のにおいが弱めの塗料」のことです。

「水性塗料」は、「油性塗料よりも環境負荷が小さい・透湿性(通気性)が高い・有機溶剤を使わないので価格が安め」といった特徴を持っています。

「水性塗料」は近年の機能向上によって、現在では「(塗る箇所・素材によって油性が適している場合もありますが)油性塗料とあまり変わらない水準の耐久力を持つ塗膜」をつくれるようになってきています。

「油性塗料」とは?

「油性塗料」とは、「シンナーなどの有機溶剤を溶剤として使っている塗装時のにおいがややきつい塗料」のことです。

「油性塗料」は、「水性塗料よりも環境負荷が大きい・透湿性(通気性)が低いが塗装時の雨に強い・有機溶剤を使うので価格が高め・保管や扱いが難しい」といった特徴を持っています。

「油性塗料」は一般的に「水性塗料よりも強い塗膜・耐久性と防水性のある塗膜」をつくることができ、塗装中の雨にも強いといった利点を持っています。

「水性塗料」と「油性塗料」の違い!

「水性塗料」「油性塗料」の違いを、分かりやすく解説します。

「水性塗料」「油性塗料」はどちらも「外壁塗装などに用いる塗料の種類」のことですが、「水性塗料」というのは「水を溶剤として使っている塗料」を意味していて、「油性塗料」のほうは「シンナーなどの有機溶剤を溶剤として使っている塗料」を意味している違いがあります。

「水性塗料」「塗装時のにおいが弱い・価格が安め・耐久性にやや劣る・環境負荷が小さい・塗装中の雨に弱い」といった特徴がありますが、「油性塗料」のほうは「塗装時のにおいがきつい・価格がやや高い・安定した耐久性がある・塗装中の雨に強い・取り扱いや保管が水性より難しい」などの特徴を持つ違いを指摘できます。

まとめ

「水性塗料」「油性塗料」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「水性塗料」とは「塗料を溶かしている溶剤が水であるもの」「環境負荷が相対的に小さくて透湿性が高い塗料」を意味していて、「油性塗料」「塗料を溶かしている溶剤が有機溶剤(シンナーなど)であるもの」「塗装中のにおいはあるが塗膜が強くて安定した耐久性がある塗料」を意味している違いがあります。

「水性塗料」「油性塗料」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典