スポンサーリンク

「永遠」と「永久」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「永遠」と「永久」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「永遠」「永久」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「永遠」とは?

区切られた範囲がなく、いつまでも続くさまです。

とくに時間を超えた存在を指しています。

鉱物の硬さはモース硬度で表され、数値が大きいほど硬いことを示します。

ダイヤモンドのモース硬度は10です。

プラチナのモース硬度は4ほどで、それに比べて高いことになります。

磨かれたダイヤモンドは、キラキラとした輝きを放ちます。

モース硬度が高いから割れないわけではありませんが、ダイヤモンドはちょっとこすったくらいでは傷がつきません。

傷がつくと輝きが失われてしまいますが、傷がつきにくければ、長くその輝きを放ってくれることでしょう。

磨いてカットされたダイヤモンドを安全な場所に保管しておけば、いつまでも輝きを放ち続けます。

時間を超えて輝きが保たれるのです。

この場合は、「ダイヤモンドは永遠に輝く」と表現することができます。

人間の命には限りがあり、長くても120歳くらいまでしか生きられないだろうといわれています。

これは限りがあるので「永遠」ではありません。

「永遠」の使い方

いつまでも終わりなく続くさまを指して使用をします。

とくに時間を超えた存在について使われる言葉です。

「永久」とは?

ある状態が区切りなく続くさまです。

ある製品には、「永久保証」というものがついています。

これは、その製品を使っている人が、ずっと保証を受けられるというものです。

家電製品などを購入すると保証書がついていますが、これはずっと保証してくれるものではなく、1年など期限が定められています。

「永久保証」は1年など期限が設けられていないものです。

いつまでもずっと保証をしてくれるのです。

たとえば、キャンプで使うテントに「永久保証」がついている場合、壊れたときにはいつでも、何回でも修理をしてもらえます。

こういった限りなく続くさまを「永久」といいます。

「永久」の使い方

区切りがなく、いつまでも続くさまを指して使用をします。

実際には地球が滅びるまでずっと続くものというのは少なく、「半永久的」と表現されることもあります。

「永遠」と「永久」の違い

どちらもの言葉も同じことを指しています。

いつまでも終わりなく続くさまのことです。

「永」という漢字には、いつまでも、限りなくという意味があります。

どちらの言葉にもこの漢字が使用されており、いつまでもという意味が含まれています。

しかし、使い方にやや違いがあります。

「永遠」は、とくに時間を超えた存在について使われます。

「永遠」の例文

・『永遠に管理してもらうことができる』

・『永遠に守り続ける』

・『永遠に続けばいいのに』

・『永遠のライバル』

「永久」の例文

・『永久に追放された』

・『永久に効果が続くといわれている』

・『永久に変わらないことを望む』

・『永久に残るであろう』

まとめ

どちらの言葉にも、終わりなくいつまでも続くという意味があります。

2つの言葉の意味に大きな違いはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典