「池」と「湖」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「池」と「湖」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「池」「湖」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「池」とは?

「池(いけ)」とは、「陸地の中で淡水が溜まっている場所で、湖よりも面積が小さく水深が浅いところ」を意味しています。

「池」というのは、「湖よりも規模が小さくて、水中植物などがあまり生えていない、おおむね水深5m以下の場所」のことを指しているのです。

水深には厳密な定義はなくおおよその目安なので、水深5メートル以上でも「池」と呼ばれる場所は多くあります。

日本における「池」は、「農業用水(溜池)・公園などのために人工的につくられたもの」も多くなっています。

「湖」とは?

「湖(みずうみ)」とは、「陸地の内部で淡水が溜まっている場所で、池よりも面積が大きくて水深が深いところ」を意味しています。

「湖」というのは、「池よりも規模が大きくて、水中植物などがあまり生えていない、おおむね水深5~10m以上の場所」「海につながっている汽水域も含めた、淡水が溜まっている広大な場所」のことを指しているのです。

日本における「湖」は、「自然の地形・自然現象の作用によってつくられたもの」が多くなっています。

「池」と「湖」の違い!

「池」「湖」の違いを、分かりやすく解説します。

「池」「湖」もどちらも「海水ではない淡水が溜まっている場所」のことを意味していますが、「池」よりも「湖」のほうが「淡水が溜まっている面積が広い(琵琶湖のように対岸が見渡せないほど広いものもある・水深が5メートル以上で深い」という違いがあります。

「池」とは「湖・沼よりも規模が小さくて、水中植物などがあまり生えておらず水深が5m以下の場所」を意味していて、「湖」のほうは「池・沼よりも規模が大きくて、水中植物などがあまり生えておらず水深が5mから10m以上の場所」を意味している違いを指摘できます。

日本においては「池」「人工的な溜池・農業用水用につくられた池」が多く、「湖」のほうが「自然の地形・作用によってできた湖」が多い違いもあります。

まとめ

「池」「湖」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「池」とは「陸地の内部にある淡水が溜まっている場所で、湖よりも面積が小さくて浅いもの」を意味していて、「湖」「陸地の中にある淡水が溜まった場所で、池よりも面積が大きくて深いもの・海とつながった汽水域のものもある」を意味している違いがあります。

「池」「湖」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典