スポンサーリンク

「泣きべそをかく」と「駄々をこねる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「泣きべそをかく」と「駄々をこねる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「泣きべそをかく」「駄々をこねる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「泣きべそをかく」とは?

「泣きべそをかく」の意味と使い方について紹介します。

「泣きべそをかく」の意味

「泣きべそをかく」「なきべそをかく」と読みます。

意味は「今にも泣きそうなゆがんだ顔になること」です。

「泣きべそをかく」の使い方

「泣きべそをかく」は、今にも泣きそうになり、ゆがんだ表情になることを言います。

大声を上げて泣くのではなく、泣く数秒前や、必死に泣くのを我慢している時に使われます。

「べそ」は、口を「へ」の字に曲げた様子を「へしぐち・べしぐち」と言ったものが、「へし」「べし」「べそ」に変化したものとされています。

また、「かく」は漢字では「掻く」と書き、「かゆいところを爪でこする」の他に「好ましくないものを表に出す」という意味があり、「恥をかく」などにも使われています。

つまり、「泣きべそをかく」で、「泣きそうになり口を『へ』の字に曲げた表情になる」という意味なのです

「駄々をこねる」とは?

「駄々をこねる」の意味と使い方について紹介します。

「駄々をこねる」の意味

「駄々をこねる」「だだをこねる」と読みます。

意味は、「子供が親の言うことをきかずに、わがままを言ったりすねたりすること」です。

「駄々をこねる」の使い方

「駄々をこねる」は、子供が親の言うことをきかずに、わがままを言って騒ぐことを言います。

子供が自分の思い通りにならない時に、反抗して寝転がったり、すねたりする時などに使います。

「駄々」は、怒った時や悔しい時に地面をバタバタと踏む様子である「地団駄」という言葉が変化して「だだ」になったと言われています。

その他にも、こどもが「いやだ、いやだ」と言う様子から「だだ」と言う様になったという説もあります。

「こねる」「粘る」「しつこく繰り返す」という意味で使われ、「屁理屈をこねる」にも使われています。

「泣きべそをかく」と「駄々をこねる」の違い!

「泣きべそをかく」「今にも泣きそうなゆがんだ顔になること」です。

「駄々をこねる」「子供が親の言うことをきかずに、わがままを言ったりすねたりすること」です。

まとめ

今回は「泣きべそをかく」「駄々をこねる」の違いをお伝えしました。

「泣きべそをかくは泣きそうになる」「駄々をこねるはわがままを言う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典