スポンサーリンク

「注意喚起を促す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注意喚起を促す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

周りの人たちに気をつけて欲しい時に「注意喚起を促す」とか「注意喚起する」とか言ったりする場合があります。

果たしてどのような言い方が正しいのでしょうか。

それを理解するために、この記事では、「注意喚起を促す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注意喚起を促す」とは?意味

「注意喚起を促す」とは、周囲の人に気を付けるようにと呼びかけをするよう促すといった意味になります。

自分が注意するということではなく、周囲の人に注意するように呼びかけることを促すといった意味合いになります。

「注意喚起を促す」の概要

「注意喚起を促す」の概要を見るために、言葉を分解して見て行きましょう。

「喚起」とは呼び覚ますという意味ですので、「注意喚起」とは注意する気持ちを呼び覚ますという意味になります。

そして、もともと注意しなければいけない場所であることは周囲の人たちもわかっていたけれど、その注意する気持ちが薄れてきてしまっている、再度呼びかけを徹底しなくてはいけないといったような場面で使われることが多い言葉です。

忘れがちになっている注意する気持ちを呼び覚まさせるといったことです。

また「促す」とは、その行為をするように仕向けるといったような意味があります。

そうすると「注意喚起を促す」とは、注意する気持ちを呼び覚ますという行為をするように仕向けるといったような意味合いになります。

「注意喚起を促す」の言葉の使い方や使われ方

「注意喚起を促す」の言葉の使い方や使われ方として、周囲の人に気を付けてほしいという意味で「注意喚起を促す」という言葉を使う場合がありますが、厳密に言えばこの使い方は間違っています。

「注意喚起」の意味としては、気をつける気持ちを呼び覚ますということですので、その時点で周囲の人に気を付けるよう呼びかけていることになります。

ですからわざわざ最後に「促す」ということを言う必要はなく、「注意喚起を促す」は間違っていることになります。

「注意喚起」という言葉の中には「促す」という意味合いも含まれているというわけです。

ですから「注意喚起を促す」ということは、Aさんに対して、Bさんに注意するように言ってくださいと命令していることになってしまうのです。

根本的に意味が違ってきてしまうということです。

「注意喚起を促す」の類語や言いかえ

では、周囲の人に気をつけてほしいということ呼び掛けたいという意味で「注意喚起を促す」という言葉を使いたいときは、どのように言い換えるとよいのでしょうか。

言い換えるならば、「注意を促す」「注意喚起する」、さらに呼び掛けたい場合は「注意喚起を徹底する」、といった言い方が良いでしょう。

まとめ

「注意喚起を促す」について、意味や使い方など説明してきましたがご理解いただけましたでしょうか。

日ごろ使っている言葉の中にも、もしかしたら間違って覚えてしまっている言葉があるかもしれません。

この記事をきっかけにそのような言葉を探してみることで面白い発見があるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典