「注目」と「着目」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注目」と「着目」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「注目」「着目」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注目」とは?

「注目」の意味と使い方について紹介します。

「注目」の意味

「注目」「ちゅうもく」と読みます。

意味は「意識を向けて見つめること」「関心を持って見守ること」「軍隊などで、姿勢を正して相手に視線を注ぎ、耳を傾ける命令の言葉」です。

「注目」の使い方

「注目」は、日常で使う場合主に以下の2つの意味があります。

1つ目は「意識を向けて見つめること」という意味で、視線を向けるだけではなく、対象となるものに意識を向けるというニュアンスがあり、「豪華なドレスに注目が集まった」などと使います。

2つ目は「関心を持って見守ること」という意味で、「見る」という意味ではなく「気にかける」という意味で、「彼のこれからの活動に注目したい」などど使います。

共通するのは「興味のあるものに意識を向ける」という点です。

「着目」とは?

「着目」の意味と使い方について紹介します。

「着目」の意味

「着目」「特に注意して見ること」「これはと思う点を意識すること」です。

「着目」の使い方

「着目」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「特に注意して見ること」という意味で、よりしっかりと集中して見るという意味で、「取扱説明書に着目すると」などと使います。

2つ目は、「これはと思う点を意識すること」という意味で、重要な点や有望な人やものを得に意識して見ることを言い、「彼の柔軟性に着目して評価した」などと使います。

「注目」よりも更に興味を持って集中し見る時の表現です。

「注目」と「着目」の違い!

「注目」「あるものごとに意識を向けて見たり、関心を寄せること」です。

「着目」「特に注意して見ることや、重要な点に関心を寄せること」です。

まとめ

今回は「注目」「着目」の違いをお伝えしました。

「注目は意識を向けて見る」「着目はある点に注意して見る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典