スポンサーリンク

「洗い美装業」と「ハウスクリーニング業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「洗い美装業」と「ハウスクリーニング業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「洗い美装業」「ハウスクリーニング業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「洗い美装業」とは?

「洗い美装業」【あらいびそうぎょう】とは、建物を汚れのない美しい状態に仕上げる清掃業のことです。

主に、完成した建築物を施主へ引き渡す前、工事中についた汚れを落とし、一切汚れのない状態に仕上げる作業を指します。

日本には、古くから「洗い屋」と呼ばれる清掃の専門職が存在し、神社仏閣を洗う儀式や古い建築物の木部を洗う仕事がおこなわれてきました。

これらの仕事も「洗い美装業」に含まれます。

「ハウスクリーニング業」とは?

「ハウスクリーニング業」は、専門業者が個人宅の掃除を代行するサービス業のことです。

主に、依頼を受けた業者が一般家庭を訪問し、部屋、水回りやエアコンなどの清掃を代行することを指します。

日本では、1980年代から「ハウスクリーニング業」のフランチャイズ店が増加し、忙しい人の家事代行として掃除をしたり、掃除しにくい場所をきれいにしたりするサービスが普及していきました。

賃貸物件から借り主が退去する際は、次の借り主のためできるだけきれいに清掃して引き渡さなければなりません。

その清掃業を行うのも「ハウスクリーニング業」の仕事になります。

「洗い美装業」と「ハウスクリーニング業」の違い

「洗い美装業」「ハウスクリーニング業」の違いを、分かりやすく解説します。

「洗い美装業」は、建物を美しく仕上げるために汚れを落とす清掃業のこと、「ハウスクリーニング業」は個人宅の清掃を代行するサービス業です。

「洗い美装業」は建設業において欠かせない工程であり、時には儀式的な清掃も含まれます。

一方で「ハウスクリーニング業」は、客に代わって汚れを落とすことが目的で、サービスの要素が強い仕事といった違いがあります。

まとめ

「洗い美装業」「ハウスクリーニング業」は、どちらも建物を清掃する専門業ですが、分野が異なることを説明しました。

「洗い美装業」は珍しい仕事で、聞き慣れない人も多い用語です。

ぜひ、この機会に意味を把握しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典