「洗濯」と「洗浄」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「洗濯」と「洗浄」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「洗濯」「洗浄」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「洗濯」とは?

「洗濯」の意味と使い方について紹介します。

「洗濯」の意味

「洗濯」「せんたく」と読みます。

意味は「衣服などを洗って汚れを落とすこと」「日常のものごとから離れて気分を一新したり、からだの疲れをいやしたりすること」です。

「洗濯」の使い方

「洗濯」は、主に衣類などを洗って汚れを落とすことを言い、家事のひとつとされています。

身に着けた衣服や、仕事着などを、毎日或いは定期的に洗って乾かして、身の清潔を保つことです。

「洗濯」に使われる「洗剤」は、主に界面活性剤が主成分です。

個人で落とせない衣服の汚れを落とす専門の業者もあり、「クリーニング業」と呼ばれます。

また、上記の意味から転じて「仕事や人間関係のストレスなど、日常から離れて気持ちをリフレッシュしたり、疲れを癒したりすること」という意味で「命の洗濯」と使うこともあります。

「洗浄」とは?

「洗浄」の意味と使い方について紹介します。

「洗浄」の意味

「洗浄」「せんじょう」と読みます。

意味は「薬品などを使って異物をすすぎ落すこと」「心身を洗い清めること」です。

「洗浄」の使い方

「洗浄」は、「洗濯」「食器洗い」など家庭内で使われるものを、薬品などを使って汚れを落とすだけではなく、企業や農業が使用する機器などを消毒・滅菌することなど、幅広く使われます。

「洗浄」は、目に見える汚れを取り除くことだけではなく、目に見えない汚れや、ウィルス、菌などを取り除くことが目的です。

「洗浄」に使われる「洗浄剤」は、主に中和作用により汚れを落とるものが多くなります。

「洗剤」よりも効果が高く、業務用として使われています。

「洗濯」と「洗浄」の違い!

「洗濯」「主に布地でできたものを洗って汚れを落とすこと」です。

「洗浄」「あらゆる物について、汚れや雑菌を取り除くこと」です。

まとめ

今回は「洗濯」「洗浄」の違いをお伝えしました。

「洗濯は汚れを洗い流す」「洗浄は薬品で滅菌までする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典