「流行」と「トレンド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「流行」と「トレンド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「流行」「トレンド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「流行」とは?

「流行」とは、ある現象が「一時的に世間に広まる」ことを言います。

「流行」は髪型、ファッション、言葉、考え方、行動、音楽、など色々ありますが、長く続くことはなく「ある一時期だけ」のことが多いのです。

その為、広まった時期に外れることを「流行遅れ」と言います。

それ以外の意味としては「病気が短期間に世間に広まる」ことにも使います。

よく聞く言葉が「インフルエンザの流行」といったものになります。

「それは昭和の流行語で、今は死語」「すごく流行しているけれど、私はそのファッション好きじゃない」「流行の歌も数年すれば誰も歌わなくなる」などと、使います。

「トレンド」とは?

「トレンド」とは、動向、傾向、風潮といった意味があります。

また「流行」という意味合いでも使います。

経済変動の長期的動向、ファッションの動向などに「トレンド」という言葉は使われています。

また「トレンドセッター」という言葉があるのですが、これは「流行を仕掛ける人」のことです。

つまり「トレンド」とは自然に発生しているというよりは、作られているものもあると言えるでしょう。

「最近のトレンドは〇〇だ」「今の若者のトレンド情報が詳しく載っている雑誌」「我々がトレンドを作っていく」などと使います。

「流行」と「トレンド」の違い!

「流行」「トレンド」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は「流行り」という意味では同義語となります。

一時的に世間に広まっている物事などは「流行」「トレンド」とどちらの言葉を使っても同じ意味合いとなります。

ですが「トレンド」には複数の意味がありますので、違う意味においては「流行」と混同しないようにしてください。

「トレンド」は動向、傾向、風潮といった意味もあります。

まとめますと「流行は一時的に世間に広まっている現象」「トレンドは流行、動向、傾向、風潮」となります。

「トレンド」の方が幅広く使える言葉と覚えておくのもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「流行」「トレンド」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

流行っている事に対しては「流行」「トレンド」とどちらを使っても意味は同じです。

「トレンド」には複数の意味がありますので、その違いを覚えておくようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典