スポンサーリンク

「浮き足立つ」と「地に足がつかない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「浮き足立つ」と「地に足がつかない」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「浮足立つ」「地に足がつかない」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「浮足立つ」とは?

「浮足立つ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「浮足立つ」「うきあしだつ」「うきあしたつ」と読みます。

「浮足立つ」には「不安や恐れで落ち着かなくなる。

逃げ腰になる」
という意味がります。

戦いの場面で起こる現象になります。

例えば、倒産の噂が立った会社の社員は、仕事に本腰を入れられなくなり、転職先を探すなど、逃げ腰になるかもしれません。

このような様子を「倒産の噂が出て、社員が浮足立つ」などと言います。

次に「浮足立つ」には「期待で浮かれた気持ちになり、そわそわする」という意味があります。

例えば、好きな異性とデートをするとき、浮かれてそわそわしてしまいがちです。

このような様子を「デートで浮足立つ」などと言います。

「地に足がつかない」とは?

「地に足がつかない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「地に足がつかない」「ちにあしがつかない」と読みます。

「地に足がつかない」「緊張や興奮のために、心が落ち着かない」という意味があります。

例えば、プロ野球の試合で始めて試合に出る選手は、緊張感が強く落ち着かないため、平常心でプレーできないかもしれません。

この様子を「プロ野球の試合のデビュー戦で、地に足がつかない状態になっている」などと言います。

次に「地に足がつかない」には「考え方や行動が浮ついて、しっかりしていない」という意味があります。

就職をしてもすぐにやめて、バイトを転々としている人は、浮ついていると思われがちです。

そのため、「30歳にもなって仕事を転々とするなんて、地に足がついていない証拠だ」などと言われてしまうかもしれません。

「浮足立つ」と「地に足がつかない」の違い

「浮足立つ」「地に足がつかない」の違いを、分かりやすく解説します。

「浮足立つ」には、「不安や恐れで落ち着かなくなる。

逃げ腰になる」
という意味があります。

一方の、「地に足がつかない」「緊張や興奮のために、心が落ち着かない」という意味があります。

似た意味を持つ言葉ですが、ニュアンスに違いがあります。

「浮足立つ」はネガティブな要因により「逃げ腰になる」という特徴があり、「地に足がつかない」は、緊張や興奮で「落ち着かない」という特徴があるためです。

「倒産」「敵の来襲」など、ネガティブな要因で落ち着かない状態になり、さらに逃げ腰なときは「浮足立つ」を使いましょう。

「好きな人と二人きり」「初登板」の緊張や興奮のように、必ずしもネガティブな要因ではないことにより、落ち着かなくなるときは、「地に足がつかない」を使うようにしましょう。

まとめ

「浮足立つ」「地に足がつかない」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知ることで、使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典