「海辺」と「浜辺」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「海辺」と「浜辺」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「海辺」「浜辺」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「海辺」とは?

「海辺」の意味と概要について紹介します。

「海辺」の意味

「海辺」「うみべ」と読みます。

意味は、「海のほとり」「海岸」です。

「海辺」の概要

「海辺」は、海のほとりのこと、つまり海が近くあたり一帯のことを言います。

海に近いところで、海が見えて波の音が聞こえる様なところは「海辺」といい、その付近にある道路や建物は「海辺の道路」「海辺の家」と言います。

「海辺に別荘を建てた」と言えば、海のすぐ近くに別荘を建てたことになります。

海に沿った部分を全て含むので、平地になっていない場所に対しても使われます。

「海岸」との違いは、海辺が「海の周辺」という意味で、「海岸」「海に面している陸地の部分」という意味であるという点です。

「浜辺」とは?

「浜辺」の意味と概要について紹介します。

「浜辺」の意味

「浜辺」「はまべ」と読みます。

意味は「浜の水際のこと」です。

「浜辺」の概要

「浜辺」は、磯や砂浜など、海のきわのことを言います。

「海辺」にある建物や道路より、さらに海に近い場所で、砂でできていて平地になっている部分を言います。

「砂浜」との違いは、「浜辺」「海のきわ」という意味で、「砂浜」は、「海の側にある平地の部分」という意味であるという点です。

つまり、「浜辺」「砂浜」の中でもより波打ち際に近い場所です。

断崖や岩場など、はっきりと海と別れている部分のことではなく、砂浜の様に波が寄せたり返したりするところです。

「浜辺を散歩する」は、砂浜で、海に接するギリギリのところを歩いて楽しむ時に使われます。

「海辺」と「浜辺」の違い!

「海辺」「海の近く一帯のこと」です。

「浜辺」「砂浜で海のきわのこと」です。

まとめ

今回は「海辺」「浜辺」の違いをお伝えしました。

「海辺は海のちかく」「浜辺は浜辺で海のきわ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典