「混乱を招く」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「混乱を招く」

混乱を招くというのは「こんらんをまねく」と読み、混乱というのは物事が入り乱れて秩序がなくなることを指しています。

様々なものが混じり合って整理がつかなくなることを指すこともあります。

つまり、混乱を招くというのは物事が入り乱れて秩序がなくなってしまう状態を引き起こすという意味になるのです。

「混乱を招く」の意味

混乱を招くというのは混乱を引き起こすという意味であり、様々なものが入り混じって整理がつかない状態にしてしまうという意味を持っています。

混乱とよく似た言葉には錯綜、錯乱、混沌、などといった言葉があります。

「混乱を招く」の言葉の使い方

混乱を招くという表現はあまり日常的には使われませんが小説や新聞、雑誌などの活字ではよく出てくる表現です。

災害が起こった後などもよく使われます。

「混乱を招く」を使った例文・短文(解釈)

それならば、混乱を招くという表現を使うとどのような文章が出来でしょうかここでは、混乱を招くという言葉を使った例文を紹介します。

「混乱を招く」の例文1

「震災は大きな地震が収まった後も町中を停電にしてしまい、大きな混乱を招いた」

日本は地震大国ですよね。

あちこちで地震が起こっていますが、大きな地震が起こった後、停電が起こってしまうことがあります。

たとえ大きな地震が治まったとしても停電が起こってしまうと町中がパニックになることがあります。

同様に断水が起こることもあり、何日も水道が復活しないということも考えられます。

例えば2011年3月11日に東日本大震災が起こったときは関東地方で公共交通機関が動かず、大きな混乱を招く結果となりました。

また、日本全国においても大きな影響がありました。

「混乱を招く」の例文2

「テロは確かに、世界に混乱を招いたと言えるだろう」

2001年9月11日には、アメリカのニューヨークで前代未聞のテロが起こりました。

世界で誰もが知るニューヨークという場所でテロが起こり、世界貿易センターが潰れてしまったため、世界中に大きな衝撃を与えたといえます。

これ以降は世界中でセキュリティーが厳しくなり、同時に人種差別問題などもあからさまになっていきました。

特にCNNで世界中にも速報が流れ、メディアによって世界の情報をいち早く入手することができるという再確認にもなった出来事だったと言われています。

そのため、たとえアメリカのニューヨークで起こったことだったとしても、他の国にも大きな影響を与えているのです。

「混乱を招く」の例文3

「ストライキが起こってほとんどのバスが動かなくなってしまい、特に高齢者の間に混乱を招いた」

日本はあまりストライキが起こる国ではありませんが、例えばヨーロッパに行くと頻繁にストライキが起こります。

そしてストライキが起こることによってバスや電車が動かなくなってしまい、特に公共交通機関に通っているお年寄りたちは大きな影響を受けると言えるでしょう。

普段バスなどに乗って出かけている人は外出ができなくなってしまいます。

そのため、買い物などに行けなくなってしまうお年寄りなども増え、大きな混乱を招いてしまうということになるのです。

「混乱を招く」の例文4

「近所で交通事故があり、大きな混乱を招いてしまった」

閑静な住宅外などでは交通事故なんて起こるわけがないと思いますよね。

まさか自分の近所で大きな事故が起こった。

誰かの命がなくなった、などという事が起きるはずがないと思っている人も多いことでしょう。

しかし車が走っている限り、事故が起こっても仕方ないのです。

それほどまでに事故があったら衝撃を受ける人も多いのではないでしょうか。

だからこそ、車の運転には注意が必要なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典