「温和な雰囲気」の意味とは!類語や言い換え

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「温和な雰囲気」とは?

「温和な雰囲気」というのは穏やかな雰囲気、打ち解けた雰囲気、という意味になります。

「温和な」という表現には気候が温暖で過ごしやすい、暖かい、などという意味もありますが、それ以外にも人の言動などの印象が心地よく、安心感を持てるような様子、落ち着いて気品がある様子、などという意味があります。

刺激が少ないなどと言われることもあります。

つまり、「温和な雰囲気」というのは穏やかで安心感がある雰囲気ということになるのです。

「温和な雰囲気」の読み方

「温和な雰囲気」という表現は「おんわなふんいき」と読みます。

ぜひ覚えておきたい表現の1つです。

「温和な雰囲気」の表現の使い方

「温和な雰囲気」という表現は安心感がある雰囲気、などという時に使える表現です。

例えば、お店に行った時にスタッフの物腰がとても柔らかく、話をしていて安心感があった、そのスタッフが穏やかで人間が丸く、落ち着いて話せた、などという時に「温和な雰囲気が漂っていた」と表現できます。

誰かと仲良くなったとき、もしもその人がとてもあたりの柔らかい人で愛想が良く、人当たりが良かったなどということであれば、その人はまさに「温和な雰囲気」を漂わせていたと言えるのです。

「温和な雰囲気」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

「温和な雰囲気」を使った例文1

「彼女はいつも温和な雰囲気を持っているから、安心して話せるよ」

温和な雰囲気を持っている人とは安心して話ができると感じる人も多いのではないでしょうか。

そのような人は誤解をされてしまうなどという心配もありませんし、決めつけられるかもしれないなと思うこともないですよね。

そのような雰囲気を持っていると、話しやすいと思ってもらえるかもしれません。

「温和な雰囲気」を使った例文2

「彼女はとてもきついと思っていたけれど、じっくり話をしているととても温和な雰囲気を持っていることがわかる」

人はイメージだけでは何とも言えないですよね。

とてもきつい人に見えたとしても、実際にはとても当たりの柔らかい人かもしれません。

たとえなんだかこの人はきついと感じたとしても、それで人を決めつけるべきではありません。

じっくり話をしてみるとその人の違う顔が見えてくるかもしれないですよ。

「温和な雰囲気」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

「穏やかな雰囲気」【おだやかなふんいき】

「穏やかな雰囲気」というのは様子が穏やかである、ほのぼのとした雰囲気、などという意味になります。

争いなどがなく、良好な状態が続いている様子を指すこともあります。

「のどかな雰囲気」【のどかなふんいき】

「のどかな雰囲気」というのは穏やかでゆとりがある雰囲気、という意味になります。

都会の喧騒を感じさせず、落ち着いた雰囲気を指す場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典