スポンサーリンク

「温泉」と「銭湯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「温泉」と「銭湯」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「温泉」「銭湯」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「温泉」とは?

「温泉(おんせん)」とは、「自然の地熱・マグマによって湧出した湯(ガス)・水で入浴に適したもの」を意味しています。

温泉法第二条における「温泉」の定義は、「源泉の温度が25度以上あり、温泉法で定められた数種類の指定成分のうち、どれか1つは入っているもの」になります。

「銭湯」とは?

「銭湯(せんとう)」とは、「料金を受け取ってお湯(風呂)を貸す公衆浴場」を意味しています。

「銭湯」というのは、温泉のように自然に湧き出たものではなく、「水道水・井戸水などを人工的に沸かして有料で入場できる風呂・公衆浴場」のことなのです。

「温泉」と「銭湯」の違い!

「温泉」「銭湯」の違いを、分かりやすく解説します。

「温泉」「銭湯」はどちらも「人が入浴することを目的としているもの」ですが、「温泉」「自然のマグマ(その地熱)によって湧き出した湯(水)で入浴できるもの」を意味していて、「銭湯」のほうは「人工的に水道水・井戸水などを沸かして有料の風呂にしたもの」を意味している違いがあります。

「温泉」には「源泉の温度が25度以上で、国が温泉法で定めた数種類の指定成分のうち、どれか1つは入っているもの」という定義がありますが、「銭湯」「人工的に沸かした入浴料を徴収する公衆浴場」なのでそういった定義はありません。

まとめ

「温泉」「銭湯」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「温泉」とは「自然の地熱(マグマ)によって湧出した湯(ガス)・水で入浴に適したもの」を意味していて、「銭湯」「有料でお湯(風呂)を貸す公衆浴場・水道水や井戸水を人工的に沸かして風呂にしたもの」を意味している違いがあります。

「温泉」「銭湯」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典