スポンサーリンク

「漏水」と「雨漏り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「漏水」と「雨漏り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「漏水」「雨漏り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「漏水」とは?

「漏水」とは、水が漏れること、また漏れた水そのものという意味になります。

「水道管から少しずつ漏水していた為、水道代が高くなった」「ホースが外れて漏水したとのことだが、うちは大迷惑だ」などと、使います。

「雨漏り」とは?

「雨漏り」とは、屋根、天井から雨が漏ってくることを言います。

またその雨水のことでもあります。

「古い家なので、雨漏りする」「雨漏りで、私の絵や本は台無しになってしまった」「雨漏りするので屋根の修理を依頼した」などと、使います。

「漏水」と「雨漏り」の違い!

「漏水」「雨漏り」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、どちらも水による被害の際によく使われますが、意味はまったく違いますので混同しないようにしてください。

「漏水」とは水が漏れることで、水道管の破損、もしくは不注意などで水が流れてしまうといったことに使います。

一方の「雨漏り」とは雨が室内に入ってくるといった意味になります。

屋根の状態によって、ポタポタと少しだけ漏る場合もあれば、まるで水道の水のようにだだ漏れになることもあります。

簡単に覚えるならば「漏水は水が漏れる」「雨漏りは雨が部屋に漏れてくる」とするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「漏水」「雨漏り」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

部屋の中が濡れてしまうといった同じ状態でもそれが「漏水」なのか「雨漏り」なのか、しっかり使い分けができるようになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典