「無口な人」と「おとなしい人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無口な人」と「おとなしい人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無口な人」「おとなしい人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無口な人」とは?

「無口な人」「むくちなひと」と読みます。

意味は「ほとんどしゃべらない人」です。

元々口数が少なく、人と会話する時でも自分から話題を提供せずに、聞き役に回ることが多くなります。

ただし、自分が興味のあることや、お酒を飲んで気持ちが高揚した時にはよくしゃべることもあります。

愛想が悪いのではなく、仕事でコミュニケーションを取る時にはきちんと話し、笑顔を見せることもあるのです。

また、普段はよくしゃべる人でも、たまたま機嫌が悪いと「無口な人」になることもあります。

「おとなしい人」とは?

「おとなしい人」「性格や言動などが穏やかで従順な人」という意味です。

大勢の中では滅多に大声を出さずに控え目にしています。

強く自己主張することは滅多になく、他の人の意見に従って行動することが多くなります。

声は小さいのですが、普通の人と変わりなくしゃべります。

ただし、不平や不満を感じない訳ではなく、親友やSNSなどで不満をつぶやくこともあります。

「無口な人」と「おとなしい人」の違い!

「無口な人」「ほとんどしゃべらない人」です。

「おとなしい人」「性格や言動が穏やかな人」です。

まとめ

今回は「無口な人」「おとなしい人」の違いをお伝えしました。

「無口な人はしゃべらない人」「おとなしい人は性格が穏やか」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典