スポンサーリンク

「無意味に感じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無意味に感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無意味に感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無意味に感じる」とは?意味

意味がない、価値がないと感じることです。

意味という言葉には、3つの意味があります。

1つめは、言葉が示す内容です。

言葉には、それぞれ内容が含まれています。

たとえば、「米」という言葉は、稲の種子からもみ殻を取り去ったものを示しています。

この示された内容が「意味」です。

2つめは、表現や行為に隠された内容です。

「意味ありげな表情」のような使われ方をします。

表情から何かを伝えようとしているようだ、といったことを指しています。

3つめは、価値、重要性です。

役に立つかの度合い、物事の本質にかかわることを意味しています。

無意味という場合は、3つめのことを指しています。

「無」は、何もないこと、存在しないことという意味を持っており、打消しを表します。

つまり、無意味は価値がない、重要性がないという意味になります。

感じるとは、ある種の気持ちを持つことです。

こういったことから、「無意味に感じる」とは、価値がないという気持ちを持つという意味になります。

「無意味に感じる」の概要

普段何かをしていて、「これに意味があるだろうか」など、頻繁に考えることはありません。

しかし、何らかの理由で、意味を考えてしまうことがあります。

意味を考えてみて、「何も意味はないのだ」「やっても役に立たないのだ」などと気持ちを抱くことを「無意味に感じる」といいます。

たとえば、毎日習慣的に繰り返される朝礼です。

毎日同じことを伝えているようでは、朝礼の本来の意味はないでしょう。

やってもやらなくても大きな違いはありません。

積み木を重ねなさいと言われたとします。

この積み木は、積み重ねても壊されてしまいます。

壊されたら、再び積み重ねなければなりません。

この行為を繰り返しても役には立ちません。

こういったときにも、「無意味に感じ」てしまいます。

同じことを繰り返し行わなければならないときに、この気持ちを抱くことが多いです。

同じような書類をいくつも書く、延々とデータ入力をする、同じチェックをするなどです。

また、進歩が見えないときにも、この気持ちを抱くことがあります。

「無意味に感じる」の言葉の使い方や使われ方

やっても何もならない、価値がないなどの気持ちを抱くことを指して使用をします。

どういったことに対して、やっても何もならないと感じるのはか人それぞれなので、人それぞれ使う場面が違います。

「無意味に感じる」の類語や言いかえ

「意義のないこと」が似たような意味を持つ言葉です。

意義には、物事にふさわしい価値という意味があります。

「ない」と否定しているので、その物事にふさわしい価値がないという意味になります。

まとめ

やっても何もならないと感じても、仕事の場合だとやらなければならないことがあります。

そんなときに、この気持ちを抱くことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典