スポンサーリンク

「無理みが強い」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無理みが強い」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無理みが強い」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無理みが強い」の意味

「無理みが強い」とは「絶対無理」という気持ちを表す若者言葉

「無理みが強い」の解説

「無理みが強い」とは「無理」の度合いが非常に強い、つまり「絶対無理」「どう考えてもそれは不可」といった意味があります。

SNSなどで使われている若者言葉ですが、類義語として「無理みが深い」という言い方もあります。

語尾に「み」をつけることによってかわいらしさが出る、微妙なニュアンスを簡単に伝えることができる、という理由で使っている人もいる一方、正しくない日本語は使いたくない、馬鹿っぽく思われたくないと使わない人もいます。

公の場、目上の人とのやり取りでは使わない方がいいでしょう。

「無理みが強い」の使われ方

「無理みが強い」とはSNSで使われる若者言葉ですので、友達同士のやり取り、自分の気持ちを表す時に気軽に使うことができます。

それでは、いくつか例を紹介しますので、参考にしてみてください。

「え、明日の朝から集合?うーん、それは無理みが強いかな」

「あの先生の抜き打ちテストで80点以上とるなんて、無理みが強い」

「告白したらって言われても。今、彼女いるらしいし、無理みが強い」

「あの子と仲良くするのは無理みが強い。私は不参加ってことでお願い」

「店長、昨日から機嫌悪いぞ。今お願いしても無理みが強い」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典