スポンサーリンク

「無知」と「無関心」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無知」と「無関心」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無知」「無関心」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無知」とは?

「無知」の意味と使い方について紹介します。

「無知」の意味

「無知」「むち」と読みます。

意味は「ものごとに対して知識または知恵のないこと」です。

「無知」の使い方

「無知」は、あるものごとについて知識が全くないことを言います。

そのものごとを経験したことがない、見聞きしたことがなく、それについて学ぶ機会が来るまで全く知識がない状態を表します。

人は生まれた時には誰もが「無知」の状態ですが、家庭で親にしつけられたり、学校で学んだり、人と交流することを経て、知識を身に付けていくのです。

「無知」は、上記の様な過程が不足している人と見られ、悪いイメージになる言葉です。

ただし、「無知」はあくまで現在のその人の状態を表すものであり、本人の努力次第で克服できるものです。

「無関心」とは?

「無関心」の意味と使い方について紹介します。

「無関心」の意味

「無関心」「むかんしん」と読みます。

意味は「ものごとに興味を示さなかったり、気にかけないこと」です。

「無関心」の使い方

「無関心」は、あるものごとに対して興味を示さなかったり、全く気にかけないことを言います。

あるものごとを経験したり、見たり聞いたりしても気持ちが引かれずに、それについてより知ろうとしないことを表します。

学ぶ機会があっても、本人の意思で学ぼうとしない状態で、性格的なものであり、本人が意識改革しない限り変わりません。

ただし、プライドが高かったり、人からの評価が気になる人などが本心を隠す為に「無関心」を装うこともあります。

「無知」と「無関心」の違い!

「無知」「ものごとに対して知識または知恵のないこと」です。

「無関心」「ものごとに興味を示さなかったり、気にかけないこと」です。

まとめ

今回は「無知」「無関心」の違いをお伝えしました。

「無知は知識がないこと」「無関心は興味がないこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典