スポンサーリンク

「焦る」と「急ぐ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「焦る」と「急ぐ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「焦る」「急ぐ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「焦る」とは?

「焦る」「あせる」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目婆「早くしなければならないと思いイライラする」という意味で、精神的に追い込まれて落ち着きを失う様子を言います。

2つ目は「予想外のことが生じて慌てること」という意味で、不意に何かが起きて動揺する様子を言います。

3つ目は「いらついて手足をばたつかせる」という意味で、動作に落ち着きがない様子を言います。

上記に共通するのは「落ち着きを失う」という意味です。

「焦る」の使い方

「焦る」「早くしなければならないと思いイライラする」「予想外のことが生じて慌てること」「いらついて手足をばたつかせる」という意味で使われます。

動詞として「焦る・焦った」と使われたり、副詞として「焦って」と使われたり、名詞形は「焦り」になります。

基本的に、精神的に追い込まれて動揺して、落ち着きを失ってしまう様子に使われる言葉です。

「急ぐ」とは?

「急ぐ」「いそぐ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとを早くやろうとすること」という意味で、目的を早く達成する様に行動することを言います。

2つ目は「早く移動すること」という意味で、目的地に早く行き着こうと進む様子を言います。

3つ目は「気持ちがせきたれられること」という意味で、精神的に早まってイライラすることを言います。

4つ目は「準備する」という意味で、文語として使われます。

上記に共通するのは「早く行動する」という意味です。

「急ぐ」の使い方

「急ぐ」「ものごとを早くやろうとすること」「早く移動すること」「気持ちがせきたれられること」「準備する」という意味で使われます。

動詞として「急ぐ・急いだ」と不規則変化して使われたり、副詞形として「急ぎで」と使われたり、名詞形は「急ぎ」になります。

基本的に、ものごとを早くしようとして、素早く行動する様子に使われる言葉です。

「焦る」と「急ぐ」の違い

「焦る」「精神的に追い込まれて動揺して、落ち着きを失ってしまう様子」という意味です。

「急ぐ」「ものごとを早くしようとして、素早く行動する様子」という意味です。

「焦る」の例文

・『早く終わらそうと焦ってミスしてしまった』

・『勝負を焦って相手の戦術にハマり失敗した』

・『締め切りに間に合わないかと思って非常に焦った』

・『運転中に急に子供が目の間に飛び出してきて焦った』

「急ぐ」の例文

・『この問題は業務に困難をきたしているので解決を急いで欲しい』

・『もう少しで落成式を迎えるとあり、記念碑の完成を急いでいる』

・『台風でダイヤが乱れることが予想されるために、大勢の人々が帰宅を急ぐ』

・『自分にとって今回が最後のチャンスと思い、功を急ぐ』

まとめ

今回は「焦る」「急ぐ」について紹介しました。

「焦る」「精神的に動揺する」「急ぐ」「素早く行動する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典