スポンサーリンク

「焦る」と「慌てる」の違いとは?意味を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「焦る」と「慌てる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「焦る」「慌てる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「焦る」とは?

「焦る」「あせる」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「早くそれをしなければならないと思い、落ち着かずイライラすること」という意味で、気持ちがせいてしまい、じっとしていられない様子を言います。

2つ目は「俗語的に予想外のことが起きて動揺すること」という意味で、どうなるかと思って気持ちが不安定になることを言います。

3つ目は「いら立ってじたばたする」という意味で、気持ちが不安定になり、手足をばたばたさせることを言います。

上記に共通するのは「落ち着きを失う」という意味です。

「焦る」の使い方

「焦る」「早くそれをしなければならないと思い、落ち着かずイライラすること」「俗語的に予想外のことが起きて動揺すること」「いら立ってじたばたする」という意味で使われます。

動詞として「焦る・焦った」と使われたり、副詞として「焦って」と使われたり、名詞として「焦り」と使われたりします。

基本的に、早くしようと気持ちが先走り、イライラしたり落ち着かない様子に使われる言葉です。

「慌てる」とは?

「慌てる」「あわてる」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「思いがけない出来事が生じて、落ち着きを失いぎこちなくなること」という意味で、驚いたことによりものごとが正常に判断できず、行動がぎこちなくなる様子を言います。

2つ目は「急いで行動しようとする様子」という意味で、ばたばたと行動する様子を言います。

上記に共通するのは「動作を急ぐ」という意味です。

「慌てる」の使い方

「慌てる」「思いがけない出来事が生じて、落ち着きを失いぎこちなくなること」「急いで行動しようとする様子」という意味で使われます。

動詞として「慌てる・慌てた」と使われたり、副詞として「慌てて」と使われたりします。

基本的に、想定外のことが起きて、急いで行動しなければならずジタバタする様子に使われる言葉です。

「焦る」と「慌てる」の違い

「焦る」「早くしようと気持ちが先走り、イライラしたり落ち着かない様子」という意味です。

「慌てる」「想定外のことが起きて、急いで行動しなければならずジタバタする様子」という意味です。

「焦る」の例文

・『会社に遅刻するかと思って焦った』

・『タクシーの支払いをしようと思ったら財布がなくて焦った』

・『具合が悪いと会社を休んでエステに行ったら同僚と会って焦った』

・『パソコンの電源が急に落ちてしまい焦った』

「慌てる」の例文

・『新幹線が発車するまであと2分と聞いて慌てた』

・『朝起きて慌てて支度して出かけたが、遅刻して怒られた』

・『慌てて家を出たので鍵をしめたかどうか覚えていない』

・『彼はスマホをなくしても慌てる様子はなく警察に届けた』

まとめ

今回は「焦る」「慌てる」について紹介しました。

「焦る」「気持ちが急ぐ」「慌てる」「急いで行動する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典