「焼べる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「焼べる」の意味

「焼べる」という表現は、「燃料にしたり焼いたりするために、薪(たきぎ)・木材などを火の中に入れること」を意味しています。

「焼べる」というのは、「燃料とする木材・紙類を、燃えている火の中に入れること」を意味している表現なのです。

「焼べる」の読み方

「焼べる」の読み方は、「くべる」になります。

「焼べる」の表現の使い方

「焼べる」の表現の使い方を紹介します。

「焼べる」の表現の使い方は、「(竈・焚き火・七輪などで)燃料になる木材・紙類を、燃えている火の中に入れる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「バーベキューをするために、グリルの火の中に固形燃料を焼べていきました」といった文章で、「焼べる」という表現を使用することができます。

「焼べる」を使った例文と意味を解釈

「焼べる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「焼べる」を使った例文1

「昔は煮物の料理をしたりお風呂を沸かしたりするために、毎回、竈(かまど)に薪を焼べていたのです」

この「焼べる」を使った例文は、「焼べる」の表現を、「煮物の料理や風呂を沸かすために、毎回、燃えている竈に燃料になる薪を入れていた」という意味合いで使用しています。

「焼べる」を使った例文2

「プロパンガスや電気が普及したことによって、燃料となる木材・紙を焼べなくても、その場で簡単に火を起こせるようになりました」

この「焼べる」を使った例文は、「燃料となる木材・紙を、竈・七輪などの燃えている火の中に入れなくても、その場で簡単に火を起こせるようになった」という意味を持つ文脈で、「焼べる」という表現を使っています。

「焼べる」の類語や類義語

「焼べる」の類語や類義語を紹介します。

「燃やす」【もやす】

「焼べる」という表現は、「主に料理・風呂・暖房などの燃料にするために、木材(石炭・薪)・紙類などを火の中に入れて燃やすこと」を意味しています。

その意味合いから、「焼べる」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「燃やす」の表現を指摘することができます。

「燃料にする」【ねんりょうにする】

「焼べる」という言葉は、「暖まったり料理をしたりする燃料にするために、薪・紙類などを火の中に入れること」を意味しています。

この意味から、燃える材料にすることを示す「燃料にする」という表現を、「焼べる」の類義語として解釈できるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典