スポンサーリンク

「煽り耐性」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「煽り耐性」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「煽り耐性」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「煽り耐性」の意味

他者に煽られた時、冷静でいられる能力

「煽り耐性」の解説

「煽り耐性」とは他者に煽られた時、冷静でいられるかどうかの能力のことです。

つまりすぐにイライラしたり、即座に言い返すような人は「煽り耐性が低い人」ということになります。

日常生活においてはもちろんですが、ネット上では様々な人がいることから「煽り耐性」を高めておくことは自分のメンタルを守ることに繋がります。

似た言葉の「スルースキル」との違いは、「スルースキル」は反応しないことという意味に対して、「煽り耐性」は冷静さを保ちながら、適切な言葉や対応をとることという意味になります。

「煽り耐性」の使われ方

「煽り耐性」とは日常生活、ネット上とどちらにおいても必要とされる能力です。

それでは「煽り耐性」を使った例を紹介しますので、使い方の参考にしてみてください。

「どうして、お前は煽り耐性ゼロなんだよ、あんな奴と議論しても無意味だろう」

「相手に罵倒されたからと言って自分もキレているし、彼の煽り耐性は低いと見た」

「長年のバッシングに、すっかり煽り耐性が高くなってしまった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典