「物事の見通し」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「物事の見通し」とは?

「物事の見通し」の意味を解釈する前に「見通し」について、触れていく必要があります。

「見通し」とは、「遠くの方まで見えること」「他人の本心や考えなどを見抜くこと」「洞察」といった意味がありますが、ここで言う「見通し」とは「未来のことまで予測すること」という解釈になります。

また、「物事」は、「物と事」「一切の事物」ということを指していますので、「物事の見通し」となると、「物事の成り行きや将来のことを予測すること」の意味になってきます。

「物事の見通し」の表現の使い方

「物事の見通し」「事の成り行きを予測する」という意味になるので、今手掛けているプランや予定の結果をある程度予想するような時に使うことになります。

「物事の見通し」の英語と解釈

「物事の見通し」を英語で訳すと、“outlook of things”という言葉で表現することができます。

「物事の見通し」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「物事の見通し」を使った例文をいくつか挙げますので、具体的な活用のシーンをイメージしてみてください。

「物事の見通し」を使った例文1

「物事の見通しがハッキリも立つことができるまでは、下手に動くと失敗するリスクがある」

この例文のように、仕事や日常の生活の中でも、この先にどのような結末が待っているのか、予測できないことがあります。

そのために下手に行動することができません。

ビジネスシーンでも、商談で内容の良いプレゼンをしたものの、クライアントからどのような評価を得るのか予想がつきません。

そのために、契約が取れるか判断ができないために、製品の生産に踏み込めないことがあります。

このような時は、冷静に状況を注視していくしかありません。

「物事の見通し」を使った例文2

「課長になってから、物事の見通しを立てることが比較的簡単にできるようになった」

この例文では課長というビジネスマン人生の節目を迎えたことで、仕事の先行きの展開が予測できるようになったことを言っています。

仕事の経験がある程度蓄積されてきたことで、どのように進んでいくか道筋が見えてくるようになったのです。

「物事の見通し」の類語や類義語・言い換え

「物事の見通し」を他の言葉で言い換えると、どのような言葉で言うことができるかを見ていくことにしましょう。

「展望」

「展望」には「遠くまで見通すこと」「社会の動きや人の将来の行く末を見渡すこと」という意味があり、未來のビジョンを示すような時に使われます。

「予測」

「予測」も類義語として扱うことができますが、「将来の出来事や状態を前もって推し量ること」という意味で使われます。

「予想」

「予想」「物事の見通し」の代わりに使うことができます。

「将来がどのようになっていくか前もって見当をつけること」「見当をつけた内容のこと」という意味で解釈することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典