スポンサーリンク

「特別永住者」と「永住者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「特別永住者」と「永住者」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「特別永住者」「永住者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「特別永住者」とは?

「特別永住者」とは、第2次世界大戦の時に日本国民であるとされた外国籍の人物たちの家族に対して特別に日本への永住を認めるという人物達です。

この人物に該当するのは、第2次世界大戦時に日本国民として功労した人物たちの子孫になります。

その上で、「特別永住者」は子孫であれば就労して無くとも在住権を得ることができ、かつ犯罪者でも永住権が貰えるという制度です。

「永住者」とは?

「永住者」は日本国に利益をもたらす外国籍の方々で、素行が良いことと犯罪者ではないこと日本で自立して生活できる収入を持つ人です。

つまり、「永住者」となるには条件があり、上記の条件をクリアしてないとなれません。

なお、「永住者」と認められると日本国で永住ができます。

「特別永住者」と「永住者」の違い

「特別永住者」「永住者」の違いは平等性に大きな違いがあり、「特別永住者」は優遇をしすぎており、何世代にわたって永住権が引き継がれ、かつ引き継がれる人物は凶悪犯罪者や無収入者でも永住を認めます。

「永住者」は収入があり、人間として善人でなければならないのに対して「特別永住者」は悪人でも日本国での永住が認められるのです。

「特別永住者」の例文

・『特別永住者の制度の見直しを行う時期が来ている』
この例は、客観的な事実から「特別永住者」の制度の見直しが望まれているという例です。

その理由ですが、「永住者」の適応の方がはるかに難しいうえで、何故、戦争に参加した子孫までを長くに至り日本で永住させたうえで税金を免税するなどの処置を行う必要性があるのかという事実があり、その上で犯罪者でもよいのであれば、「永住者」も犯罪者でよく、無職者でよいのではないかという声が上がっているためです。

「永住者」の例文

・『永住者になるにはかなり外国製の方からしたら難題である』
この例は、日本国に永住する場合、外国籍の方からしたら難しい部分があるという例になります。

その理由は、日本国の利益になるかどうかという問題点があり、素行が良好でなければならないなどかなり審査が厳しいです。

その為、「特別永住者」と比較した場合、子孫であるという理由だけで免除される在留資格と比較した場合、「永住者」は難題であると言えます。

特に犯罪に関して「永住者」は永住権の取り消しがあるため、難題であると言えます。

まとめ

「特別永住者」「永住者」の違いは公平性にあります。

「永住者」は実はなってからも大変で犯罪行為をすると永住権は取り上げられます。

しかし、「特別永住者」は、即座に国外退去にならず、日本の法律で裁きを受けて服役や罰則を払えば永住権は維持できます。

これを公平であるかと言われると恐らく公平ではないという意見の方が多いが故、今現在においては「特別永住者」ははっきり言えば日本国の為になる人物たちに永住を認めていると言えないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典