スポンサーリンク

「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「特別養護老人ホーム」「有料老人ホーム 」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「特別養護老人ホーム」とは?

「特別養護老人ホーム」は、国が経営する老人ホームになり、原則として入居に関しては、要介護認定3からでなければならないという条件があります。

その上で、入居金を必要としておらず、国がホームを運営しているということもあり、職員となる方々のお給料及び施設の経営権利が保障されているため、倒産が起きにくい施設であるといえます。

「有料老人ホーム」とは?

「有料老人ホーム」は民間が管理運営している老人ホームで、介護認定さえ受けていれば誰でも入居可能な老人ホームです。

こちらはビジネスで老人ホームを経営しているため、介護認定を受けている物であれば、等級に変わらず入居できますが、その分、民間が管理している施設になりますので維持は民間企業だよりで費用が掛かります。

その為、国が管理する老人ホームよりも高い傾向にあります。

「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の違い

特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」の違いは、老人ホーム側がビジネスで施設を運営しているか社会福祉で施設を運営しているかにあり、ビジネス目的である施設は利用料が高く、社会福祉側は施設の利用費が安いという点があります。

「特別養護老人ホーム」の例文

・『特別養護老人ホームは入居希望者が多い』
この例は、国が運営する側の老人ホームは入居希望者が多いという事実を述べています。

なぜそうなるかは、年間の施設の利用料の他、入居に関して一時金を用意しないでよいという特徴があり、利用希望者が殺到するのです。

「有料老人ホーム」の例文

・『有料老人ホームは競争率が激しい』
この例は、有料老人ホームは傾向として同業者同士の競争率が激しいという例です。

その理由は、ビジネスでサービスを提供するとなるとライバルが生まれ、かつビジネスになると分かればライバルが急速に増えるが故、今現在においては「有料老人ホーム」は、単にビジネスとして考えた場合、同業者が増えてとても競争率が激しいということになります。

まとめ

「特別養護老人ホーム」「有料老人ホーム」の違いは、入居のしやすさも実は、「有料老人ホーム」の方が入居はしやすいです。

何故なら、こちらはお金さえあれば入居できる施設であるため、言い方を悪く言えばどうにかお金を捻出して、老後の貯金を崩せば入ることができる方も存在する施設です。

その上で、「特別養護老人ホーム」は、社会福祉を名目に活動しているが故、たくさんの施設を国側は運営しておらず、利用料も安いということでどうしてもお金という部分で「特別養護老人ホーム」側に人が殺到してしまうのです。

この問題はかなり深刻で、デイケアサービスという宿泊を伴わない施設が生まれたのは老人ホームという社会福祉の延長線上にある施設に当たり、中にはデイケアでも割安で宿泊を可能とした施設が登場したのは、「有料老人ホーム」側も実は経営に行き詰っているが故デイケアサービスという宿泊を伴わないサービスでも宿泊を短期間のみ受け付ける施設が登場したわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典