スポンサーリンク

「犠牲になったのだ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「犠牲になったのだ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「犠牲になったのだ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「犠牲になったのだ」の意味

「誰かが犠牲になったこと」を意味しているネットスラングです。

「犠牲になったのだ」の解説

「犠牲になったのだ」というネットスラングは、「誰かが何かのために生命を失ったり大切なものをささげたりして犠牲になったこと」を意味しています。

「犠牲になったのだ」の元ネタは、漫画『NARUTO』の398話「木ノ葉のはじまり」の登場人物マダラがサスケに対して言った「イタチは犠牲になったのだ。

古くから続く因縁、その犠牲にな」
というセリフにあります。

「5ちゃんねる」「ふたば☆ちゃんねる」でこのマダラとイタチやサスケに関するコラ画像が大量に出回った時に、「犠牲になったのだ」というフレーズも急速にネットの中で普及していったのです。

「犠牲になったのだ」の使われ方

「犠牲になったのだ」は、漫画・アニメのキャラクターが誰かのために死んだり急にいなくなったりした時に使うという使い方になります。

また「犠牲になったのだ」は、ある商品が何かの要因で急に売れなくなった時や誰かが急に人気がなくなった時などにも使われることがあります。

例えば、「綾波レイは犠牲になったのだ、人類の運命の犠牲にな」「かつて誰もが持っていたガラケーは、iPhoneの犠牲になったのだ」などの例文で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典