スポンサーリンク

「現在」と「現代」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現在」と「現代」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「今」「今の世」などを表す言葉として、「現在」「現代」があります。

この記事では、「現在」「現代」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現在」とは?

「現在」とは、言い換えると「今」と言う意味です。

また、「今のところ」を強める言い方でもあります。

他にも、「過去」「未来」の間の時間を、「現在」と言います。

それ以外では、「現在進行中です」などと言うように、動作が今、行われていることを表します。

さらには、ある時期を基準として「今」と考えた、その時のことなどを指します。

例としては、「○○年○○日現在」と使いますが、「未来」のある時点では、「現在」を使うことはできません。

「現代」とは?

「現代」とは、「今の時代」のことで、「今の世」のことを意味しています。

歴史上の区分では、「近代」の次を指し、日本では第二次世界大戦終結後の時代のことを言います。

ですが、場合によっては、明治維新以降のことを「現代」と呼ぶこともあります。

世界史上の区分では、第一次世界大戦後から、「現在」だとする見方もあります。

いずれにしても、歴史の上での「現代」の区分は明確に定まってはいなく、曖昧なところがあるようです。

「現在」と「現代」の違い

「現在」「現代」の違いを、分かりやすく解説します。

「現在」「今」と言う意味です。

また、「過去」「未来」の間の時間のことを指しています。

他にも、「過去」から「今」に渡る時間の中で、ある時を「今」と捉え、その時を「現在」と呼ぶこともあります。

「現代」「今の時代」「今の世」です。

歴史上では「近代」の次が「現代」にあたります。

そのため、「現在」「今」という意味合いが強いですが、「現代」「今の時代」にあたるので、「今」に近い「過去」も含まれるという違いがあります。

まとめ

今、私たちが生きている時代は「現代」です。

それはいつの時代も、そこに生きている人たちから見れば、その時代が「現代」になります。

「現在」はいつも「今」「現在」です。

それは常に「過去」でもありませんし、また、「未来」でもありません。

実際、私たちが生きているのは「現在」なのですが、時には「過去」「未来」のことを考えてしまうことがあります。

行動は「現在」なのに、思考だけが「過去」「未来」に行ってしまっている状態です。

それも時には必要なことですが、「現在」の捉え方を変え、「今」を生きることで、「未来」も変えていくことができるでしょう。

また、「過去」に起こった出来事は変えることができませんが、「今」の自分の捉え方を変えることができれば、「過去」もまた違った記憶となっていきます。

「現代社会」「ストレス社会」とも呼ばれています。

ですが、もし、多くの人がストレスに悩まされないような世の中になれば、いずれ「ストレス社会」という言葉は死後になっていくかもしれません。

「現在」をよりよい方向へ変えていくことができれば、「現代」も変わっていきますし、「過去」「未来」もよい捉え方ができるようになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典