「現在完了形」と「過去完了形」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現在完了形」と「過去完了形」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「現在完了形」「過去完了形」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現在完了形」とは?

「現在完了形」の意味と概要について紹介します。

「現在完了形」の意味

「現在完了形」は、「げんざいかんりょうけい」と読みます。

意味は「英文法で、過去にあることが起こり、その状態が今も続いていることを表す文型のこと」です。

「現在完了形」の概要

「現在完了形」は、英文法で、過去にあることが起きたり経験したりした状態が、今も続いていることを表す文型のことを言います。

具体的には「have+動詞の過去分詞形」で表されます。

例えば“I have just done it.”「私は今正にそれを終えたばかりです」という意味で、やるべきことを終えてホッとしていたり、片づけをしている状態で、一連の作業の終りの段階で、流れが続いている時に使われます。

「過去完了形」とは?

「過去完了形」の意味と概要について紹介します。

「過去完了形」の意味

「過去完了形」は、「かこかんりょうけい」と読みます。

意味は「英文法で、過去にあることが起こり、その状態が完全に終っている状態を表す文型のこと」です。

「過去完了形」の概要

「過去完了形」は、英文法で、過去にあることが起きたり経験したりした状態が続いていたのですが、今はもうすっかり終わっていることを表す文型のことを言います。

ある状態が続いていたけれどもそれが終り、今は違う状態に切り替わっているのです。

具体的には「had+動詞の過去分詞形」で表されます。

上記の例で言えば“I had done it.”「もう終わっていますよ」という意味で、やるべきことがもうとっくに終わっていて、次のことをしている状態を表します。

ただし、会話では文法が複雑であることから“I did it.”と単純過去形を使う人も多くいます。

「現在完了形」と「過去完了形」の違い!

「現在完了形」「英文法で、過去にあることが起こり、その状態が今も続いていることを表す文型のこと」です。

「過去完了形」「英文法で、過去にあることが起こり、その状態が完全に終っている状態を表す文型のこと」です。

まとめ

今回は「現在完了形」「過去完了形」の違いをお伝えしました。

「現在完了形は過去の状態が今も続いている」「過去完了形は過去の状態が終っている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典