「現場監督」と「現場所長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現場監督」と「現場所長」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「現場監督」「現場所長」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現場監督」とは?

「現場監督(げんばかんとく)」とは、「工事現場(建設現場)で工事の施工管理をしている職員全員」のことです。

「現場監督」はある程度大きな現場になると、複数の人たちが現場監督として働いています。

「現場監督」の仕事は、「工事の計画・準備・施工(作業)の管理・図面作成・安全対策・工程管理」などになります。

「現場所長」とは?

「現場所長(げんばしょちょう)」とは、「現場監督の中でも序列が一番高い役職・その工事現場(建設現場)の最高責任者」を意味しています。

「現場所長」は建設業法の呼称では「現場代理人」と呼ばれますが、「現場所長」「監理技術者・主任技術者」と同一の人の場合もそうでない場合もあります。

「現場所長」の仕事は「現場全体の管理監督・施主や協力会社との打ち合わせ・工事予算の発注・近隣住民との調整業務」など多岐にわたるため、現場所長は基本的にかなり忙しい役職になっています。

「現場監督」と「現場所長」の違い!

「現場監督」「現場所長」の違いを、分かりやすく解説します。

「現場監督」「現場所長」はどちらも「工事現場・建設現場における管理者としての役職」を意味していますが、「現場監督」としての序列がもっとも高い役職が「現場所長(建設業法に基づく呼称は現場代理人)」であるという違いがあります。

「現場所長」も広義の「現場監督」の一種ですが、大きな現場では「現場監督」は複数人いますが、その現場の最高責任者となる「現場所長」は一人だけが元請け企業から任命・派遣されてる違いを指摘できます。

まとめ

「現場監督」「現場所長」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「現場監督」とは「現場で工事の施工管理をしている職員全員(現場所長も含む)・大きな現場では複数いることが多い」を意味していて、「現場所長」「現場監督の中で序列がもっとも高い役職でその現場の最高責任者・現場代理人」を意味している違いがあります。

「現場監督」「現場所長」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典