スポンサーリンク

「理路整然」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理路整然」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、四字熟語の「理路整然」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「理路整然」とは?意味

「理路整然」の読みは、「りろせいぜん」「話の筋道が通っていることや、しっかりと順序が立てられていること」を意味する四字熟語です。

「理路整然」の概要

「理路整然」「理路」「整然」の二つの熟語で構成される四字熟語です。

ここで「理路」とは「話や議論の筋道」を意味する熟語であり、「整然」「整って秩序だったさま」を意味する熟語です。

従って、この二つの意味の熟語で構成される「理路整然」は前項で記載した通りの「話の筋道が通っていることや、しっかりと順序が立てられていること」の意味となるのです。

日常生活の中で、話しをする際には、この「理路整然」と話せることが非常に大切です。

自分の意思を相手に正しく過不足なく、伝えるためのコミュニケーション能力として、「理路整然」と話せることが重要なのです。

この能力を身に付けるためには、話しを始める前に、何を伝えたいのかを明確にし、いわゆる「起承転結」を意識して、話す習慣を付けることで養われます。

のんべんだらりと話していては、自分の意思が相手に伝わらないことが生じます。

こうして「理路整然」と話す能力が身に付けば、自分の意思が伝えやすいだけでなく、説得力も高まるのです。

このスキルはビジネスにおいても大切なスキルと言えます。

ただし、自分の気持ちや感情をストレートに表現した方が良い場面では、「理路整然」としていることは、冷たく感じられることもあるので、シーンに応じて話し方を変えられることも大切です。

「理路整然」の言葉の意味と共に、そうした話し方が出来ることの大切さも、合わせて覚えておきたいものです。

「理路整然」の言葉の使い方や使われ方

「理路整然」の四字熟語は、以下の例文のように使われます。

・『彼の話し方は、いつも理路整然としており、理解し易く、何となく納得してしまいます』
・『ビジネスマンは社内の人達だけでなく、多くの外部の人と交渉したりするため、理路整然と話せるスキルが大切です』
・『彼女の文章は、常に理路整然と書かれており、伝えたいことがすんなり頭に入って来ます』
・『君の話はいつも支離滅裂で、理解できません。理路整然と話せる訓練をすべきです』
・『理路整然と説明されたからと言って、その内に矛盾や間違いがないとは限りません』

「理路整然」の類語や言いかえ

「理路整然」の類語としては、「首尾一貫」「論理的」「一貫性」「整合性」などを挙げることが出来ます。

まとめ

「理路整然」の読みは、「りろせいぜん」「話の筋道が通っていることや、しっかりと順序が立てられていること」を意味する四字熟語です。

日常生活において、コミュニケーションをしっかり取れるようにするためには、「理路整然」と話せる能力が大切なことも、言葉の意味と共に合わせて覚えておきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典